第65回日刊スポーツ賞中山金杯 [GIII]  : 1月5日、中山・芝2000m
(有)サンデーレーシング 様

ベルーフ号
「相性の良い中山・芝2000mのコースで好勝負を期待します」

フラアンジェリコ号
「前走後も順調に調整されています。得意の中山コースで改めて期待します」

窪田 康志 様

バロンドゥフォール号
「この世代では一番期待していた馬です。2000mの距離克服がカギだと思いますが、この馬なら問題なくやってくれると思いますので勝負所ですね」

第54回スポーツニッポン賞京都金杯 [GIII]  : 1月5日、京都・芝1600m
(株)G1レーシング 様

ケイティープライド号
「年末、そして昨日と早めの追い切りで体制は整っています。鞍上の秋山騎手も2回目になりますから、この馬の特徴をつかんで乗ってくれると思います。得意の右回りですので、逃げ馬の後ろにつけ、2〜3番手あたりで先行できれば、十分勝負できると思います」