西川 賢オーナーからファンの皆様へ御礼  :
西川 賢 様

ご存じのとおり、愛馬ウエスタンビーナス号は高松宮記念競走において非情な結果となり、突然、私達の前から天国へと走り去ってしまいました。
ウエスタンビーナス号は、多くのファンの皆様からの声援を受け、その声援に応えるように走り続けてまいりました。そして私に夢を与えてくれました。そんな夢の続きを、高松宮記念出走直前のパドックにおいても、ウエスタンビーナス号を託しておりました鈴木康弘調教と、第2の競走馬の人生(繁殖馬)について語っていたところでありました。どのような仔をターフに走らせてくれるのだろうと。
そんな夢が跡形もなく、去っていってしまいました。私も鈴木調教師も、そしてウエスタンビーナス号に携わった多くの関係者は今も悲しみをぬぐい去ることが出来ずにおります。

また、この震災の影響により、多くのファンが、馬券での応援が出来なかったことを承知しております。そのことも残念に思えてなりません。ウエスタンビーナス号のたて髪は美浦トレーニングセンターと生まれ故郷である北西牧場(現ウエスタンファーム)に夫々葬られ、安らかに眠りについたところであります。
長い間、愛馬ウエスタンビーナス号に声援をお送り頂き、私と一緒に夢を追い続けて頂いたファンの皆様、本当に長い間、ありがとうございました。皆さまの声援を一身に受け走り続けたウエスタンビーナス号はきっと幸せに、天国に向かって走っていったと思います。