Slide background
Slide background
Slide background
Slide background
Slide background
Slide background
Slide background

2016.7.30

16冠ベビーデビュー

ようこそいらっしゃいませ。

今週より夏競馬の舞台は新潟、札幌、小倉に移ります。土曜小倉では障害重賞の小倉サマージャンプ、日曜札幌では牝馬限定重賞のクイーンステークス、新潟では国内唯一の直線重賞・アイビスサマーダッシュが行われます。また2歳新馬戦も土曜は各場1鞍ずつ、日曜は2鞍ずつと合わせて9鞍組まれて続々と2歳馬がデビュー。今週は日曜札幌5Rの2歳新馬戦(芝1800m)にフランケル産駒のソウルスターリングがスタンバイし、注目を集めています。

ソウルスターリングは父フランケル、母スタセリタで、母スタセリタは仏オークス、ヴェルメイユ賞、ジャンロマネ賞などG1・6勝を挙げた女傑。父フランケルはご存知の通り現役時代無敗でG1をぶっちぎりで勝ちまくった怪物で、今年産駒がデビュー。イギリスで行われたプリンセスマーガレットステークスではフランケル産駒の牝馬フェアイーヴァが4馬身差で勝利し、早くも重賞馬を誕生させています。フランケルは現役時代G1を10勝した馬ですから母と合わせてソウルスターリングは16冠ベビーとなり、まさに世界的超良血馬。先に国内でデビューしたフランケル産駒のライズイーグルは仕上がり途中で5着の結果でしたが、ソウルスターリングはどうでしょうか。フランケル産駒の日本適性も含めて注目してみたいと思います。

バックナンバーはこちら

Photos重賞&記念勝利写真

バックナンバーはこちら


この度の熊本地震により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます

この度の熊本地震により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
被災された皆様、ご家族、ならびにご関係者の皆様への一日も早い救援と復旧を心よりお祈りいたします。
被災地の皆様への義援金を各馬主協会より合計1000万円、日本馬主協会連合会より500万円を拠出いたしました。

東日本大震災 義援金活動のご報告

この度の震災により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
2011年に中山馬主協会では東北地方の被災地に対して、義援金500万円を拠出し、また、当協会の所在地である千葉県下でもこの度の大震災により津波などの影響で大変な被害が発生いたしましたことを深刻に受け止め、千葉県内の被災者の皆様への生活再建支援といたしまして義援金3,000万円を拠出いたしました。
目録は2011年8月19日に西川会長から森田健作千葉県知事へ贈呈されました。当日の様子は、委員会報告・行事報告の「千葉県庁にて義援金目録授与(2011年8月19日)」をご覧ください。 また、当協会では一般競走において個人会員の優勝に贈っている記念品を震災以後は一部を義援金として拠出しています。その額は5,219,000円(2014年12月28日現在)になります。