Slide background
Slide background
Slide background
Slide background
Slide background
Slide background
Slide background

2016.6.25

宝塚記念のドラマ模様

ようこそいらっしゃいませ。

中央競馬上半期G1シリーズも大詰めを迎えました。日曜には阪神競馬場で宝塚記念が行われます。昨年は中距離戦線を舞台に実力を開花させたラブリーデイが優勝。一昨年はゴールドシップが直線2着以下を3馬身以上突き放す横綱競馬で2014年、2013年と宝塚記念史上初の連覇を達成。2012年はオルフェーヴルが王者の競馬を見せて凱旋門賞へ弾みをつけ、2011年のレースではアーネストリーがブエナビスタ、エイシンフラッシュ、ローズキングダム、ルーラーシップ、ドリームジャーニー、トーセンジョーダンら強豪相手に初の戴冠を手にしました。
その年ごとに様々な模様のレースが描かれ、勝った馬を中心にしてドラマが語られていくのだと改めて思います。

今年は出走馬17頭。ハイレベルな4歳馬を中心に、G1馬6頭が揃いました。
ドバイ遠征帰りのドゥラメンテには秋に向けての最強の証明と世界制覇の夢と希望があります。ファン投票1位キタサンブラックには3つ目のG1タイトルと北島三郎さんの想いが投影されています。昨年の優勝馬ラブリーデイは史上2頭目となる宝塚記念連覇がかかります。一昨年の菊花賞馬トーホウジャッカルには復活劇のドラマが控えます。昨年の天皇賞(秋)2着のステファノスに京都記念圧勝のサトノクラウン、阪神大賞典を勝ったシュヴァルグランにキタサンブラックを破って大阪杯を勝ったアンビシャスには初のG1タイトルの熱望があります。エリザベス女王杯馬マリアライトにはスイープトウショウ以来となる11年ぶりの牝馬優勝の伏線を持ちます。

さて今年はどのドラマが宝塚記念で華開くことになるでしょうか。レースまでじっくりと想像を巡らせてみたいと思います。

バックナンバーはこちら

Photos重賞&記念勝利写真

バックナンバーはこちら


この度の熊本地震により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます

この度の熊本地震により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
被災された皆様、ご家族、ならびにご関係者の皆様への一日も早い救援と復旧を心よりお祈りいたします。
被災地の皆様への義援金を各馬主協会より合計1000万円、日本馬主協会連合会より500万円を拠出いたしました。

東日本大震災 義援金活動のご報告

この度の震災により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
2011年に中山馬主協会では東北地方の被災地に対して、義援金500万円を拠出し、また、当協会の所在地である千葉県下でもこの度の大震災により津波などの影響で大変な被害が発生いたしましたことを深刻に受け止め、千葉県内の被災者の皆様への生活再建支援といたしまして義援金3,000万円を拠出いたしました。
目録は2011年8月19日に西川会長から森田健作千葉県知事へ贈呈されました。当日の様子は、委員会報告・行事報告の「千葉県庁にて義援金目録授与(2011年8月19日)」をご覧ください。 また、当協会では一般競走において個人会員の優勝に贈っている記念品を震災以後は一部を義援金として拠出しています。その額は5,219,000円(2014年12月28日現在)になります。