西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : G1週土曜日『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

G1週土曜日発行の『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載します。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から競馬内外の話題をお届けしています。
競馬界はいま、春闘まっただ中。今週の紙面では、馬主側の労務預託委員長として競馬界の現状について触れています。「売り上げは前年比を下回る厳しい状況で、西高東低も改善されていません。そんな中でもアユサンが桜花賞を勝ち、関東馬の意地を見せてくれました。皐月賞もロゴタイプをはじめ実力馬がそろいましたから、肩入れしたくなりますね」と西川会長・談。「インパルスヒーローでファルコンSを勝った佐々木完二氏に誘われ、蛯名、田中勝騎手らとの食事へ。西高東低の現状を何とかしなければと話し合いました」(西川会長)。さて、桜花賞同様、混戦とされる今年の皐月賞。西川会長はどの馬に注目したのでしょうか。詳しくは紙面にてご確認ください。

第73回皐月賞[G1]  : 4月14日、中山・芝2000m
(株)東京ホースレーシング 様

レッドルーラー号
「具合は良さそうです。この馬はトライアルを勝ってはいますが、重賞の勝ちはまだありません。チャレンジャーらしい思い切った競馬をしてくれたらと思っています」

矢野 悦三 様

クラウンレガーロ号
「このようなレースに出走することができること、嬉しく思います。関係者の方々に感謝しています」

里見 治 様

サトノネプチューン号
「今回は人気もないしね、でもそこそこ適性はあると思っています。なんとか掲示板に載るくらいには頑張ってくれると思いますよ」

(有)サンデーレーシング 様

コディーノ号、フェイムゲーム号
「コディーノについては、クラシック一冠を目指していい結果が出ることを願っています。フェイムゲームは、強豪相手ですが上位に食い込んでくれるものと期待しています」