西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : G1週土曜日『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

G1週土曜日『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載しています。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から、馬券の予想や競馬内外の話題をお届けしています。今週は京都で牡馬クラシック最終戦・菊花賞が行われます。ゴールドシップの二冠なるか?「皐月賞馬ゴールドシップが強そうですが、これに立ち向かう馬を狙うのが私の主義」(西川会長・談)紙面では遅れてきた素質馬に注目しています。またJRAと物別れに終わったのが事務折衝について「賞金などに充てられる競走事業費について、馬主会は震災の影響で減った分を戻すように申し入れてきましたが、JRAは経済状況を理由に首を縦に振りません。今年の売り上げが一昨年と同じか、上回る額が見込まれているにもかかわらず、です。馬主経済は苦しくなるばかり。騎手や調教師の生活にも影響します。増えた分を還元しなければ、競馬界全体が疲弊してしまう」と切り込んでいます。予想と合わせてにて紙面をご確認ください。

第73回菊花賞[G1]  : 10月21日、京都・芝3000m
(有)サンデーレーシング 様

ニューダイナスティ号
「先行できる馬ですし長い距離も魅力です。思い切ったレースが出来れば上位に食い込めるのではと期待しています」

(株)G1レーシング 様

スカイディグニティ号
「3000メートルはどの馬にとっても未知の領域です。セントライト記念2着の実績に期待したいですね」

(株)ロードホースクラブ 様

ロードアクレイム号
「クラシック出走を果たせて嬉しく思います。しかも、クラブ募集馬としてオークスを勝ったレディパステルの仔。とても感慨が深いです。血統的にも距離が延びるのはプラス材料と言えそう。デビュー勝ち以来の京都で大輪の花を…」

吉田 勝己 様

フェデラルホール号
「きっといいと思うよ。3着には入るんじゃないかな」

(株)ダノックス 様

ダノンジェラート号
「早めに栗東に入って、気持ちも落ち着いているようです。前走以上の動きをしてくれているので、強い相手ばかりですが健闘くれると思っています」