西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : G1週土曜日『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

G1週土曜日発行の『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載しています。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から競馬内外の話題をお届けしています! 紙面の一部を紹介します。

「ここのところ正月のテレビ特番の収録依頼が多く、本業の芸能活動が増えています。村田英雄さんの「無法松の一生」を歌ったり、私の代表曲である「新聞少年」を歌ったりという具合です。

テレビ業界はすっかり年末ムードですが、中央競馬も今週を含めて残すところ3週になりました。相変わらず戸崎、ルメール両騎手が激しいリーディング争いを繰り広げています。4勝差でトップに立つ戸崎が逃げ切るのか、ここに来て追い上げが目立つルメールの逆転か。最後まで目が離せそうにありません。

今週の阪神ジュベナイルFはルメールのソウルスターリング、戸崎のリスグラシューが人気を分けそう。リーディングの代理戦争のような形になりました。珍しくディープインパクト産駒のいないGⅠでもありますが、前者は14戦無敗のフランケル産駒ですし、後者は有馬記念でディープインパクトを破ったハーツクライの子です。血統的にも興味深い一戦だと感じます。ともに強い内容で2連勝中の実力馬。穴党の私でも逆らう気は起きません」(以上、紙面より)

今週は阪神ジュベナイルフィリーズ。この2頭の加えて紙面ではもう1頭相手にピックアップ。詳しい予想は紙面にてご確認ください!

香港マイル [GI]  : 12月11日、シャティン・芝1600m
里見 治 様

サトノアラジン号
「大きいところを取れる能力はあるので、何とか勝ち負けができればと思っています。前走は直線での不利もあったので、今回は最後の直線でうまく進路が取れ、抜け出してくれればと期待しています」

香港スプリント [GI]  : 12月11日、シャティン・芝1200m
(株)東京ホースレーシング 様

レッドファルクス号
「初めての海外遠征ではあるが、厩舎は香港を経験しており、現地に着いてからの具合も良好だと聞いています。力は発揮できる状態にあると思いますので、全力を出し切って無事に完走してくれることを願います」

香港ヴァーズ [GI]  : 12月11日、シャティン・芝2400m
里見 治 様

サトノクラウン号
「しっかり走るときと、走るのをやめてしまうときがあるので、今回はどんな走りをしてくれるか期待と不安が入り混じっておりますが、好走を願っております」

第68回阪神ジュベナイルフィリーズ [GI]  : 12月11日、阪神・芝1600m
加藤 徹 様

フェルトベルク号
「騎手は新馬戦から乗っていますので、新馬戦のような末脚が発揮できれば、と楽しみにしております」

里見 治 様

サトノアリシア号
「多少いれこむ面があるため、楽に追走ができれば楽しみは増えると思っております。相手は強くなりますが、3着以内に入ることを期待しています」

(有)サンデーレーシング 様

ジューヌエコール号
「前走後も順調に調整されており、GI勝利を期待いたします」

第67回チャレンジカップ [GIII]  : 12月10日、阪神・芝1800m
(有)サンデーレーシング 様

タッチングスピーチ号
「阪神・芝1800mはローズSで優勝している相性の良いコースですので、ここでも期待いたします」

ブラックスピネル号
「阪神コースはオープンで2着2回と好走実績がありますので、改めて期待いたします」

ベルーフ号
「短期放牧を挟んでリフレッシュできており、良い状態で出走できそうですので、ここでも期待いたします」

(株)G1レーシング 様

ケイティープライド号
「斤量も据え置きの52キロで出走できますし、前半のストレートでうまく我慢ができればチャンスはあると思います」

ケツァルテナンゴ号
「調教での終いの脚もしっかりしていましたし、状態も上向いていると聞いているため期待しています」

(株)ダノックス 様

ダノンメジャー号
「最近調子が上がり、小牧騎手で2勝し再オープン入りいたしました。脚質転換に成功したので、相手は強くなりますが、ハナに立ちマイペースな展開を期待しています」

第9回カペラステークス [GIII]  : 12月11日、中山・ダート1200m
(株)ダノックス 様

ダノングッド号
「前走はGIIIで不利を克服し、まずまずの6着でした。5カ月の休養明けですが、1200メートルで息が持てばチャンスがあると思っています」

里見 治 様

サトノタイガー号
「勝利からは遠ざかっておりますが、中央の馬を相手に3着くらいに入れれば、と思っております」