西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : G1週土曜日『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

G1週土曜日発行の『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載しています。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から競馬内外の話題をお届けしています。今週の内容を一部紹介しましょう。
先週末は日曜にウエスタンメルシー、ウエスタンユーノーと愛馬が2勝。「私の馬は人気薄の時によく勝ち、人気のウエスタンは消しだとも言われるのですが(笑い)、今回は2、8番人気の馬で勝つことができました。それも地味なブラックホーク産駒、アドマイヤコジーン産駒でのものですからね。なおさらうれしかったです」と西川会長。「レース後は、地元・浅草の三社祭に参加。当協会の役員に「おめでとう」と祝福され、意気揚々と祭りの輪に加わったのですが…。好事魔多し。激しくぶつかった宮みこしの下敷きになり、ひざをすりむいてしまいました。幸い、大事に至らなかったのですが、死ぬ思いをしました(笑い)」(西川会長・談)。
さて今週はオークス。紙面では、ハープスターで仕方がないとしつつ「それ以外は差のないメンバー。何が来てもおかしくありません」と、相手には大胆な予想を展開します。詳しくは、紙面にてご確認ください。

第75回優駿牝馬[G1]  : 5月25日、東京・芝2400m
吉田 勝己 様

パシフィックギャル号
「フラワーカップに出走した後は時間をかけて調整して、いい状態に仕上がっています。前々の競馬で勝利を目指します」

(有)サンデーレーシング 様

サングレアル号
「前走を快勝した後も順調に調整できています。馬体も維持できていますので、期待しています」

マジックタイム号
「前走後は順調に調整ができています。前走ではもうひとつ伸びを欠きましたが、今回は最終追い切りでも素晴らしい伸び脚をみせてくれました。期待しています」

フォーエバーモア号
「桜花賞ではまったく力を出すことができませんでした。この中間は精神的にも落ち着いており、距離延長にも十分対応できると思いますので、期待しています」

M・Kenichiホールディング(株) 様

クリスマス号
「強い相手が揃っていますので、怪我なく無事に走り切ってほしいです」

第21回平安ステークス[G1]  : 5月24日、京都・ダート1900m
横山 修二 様

クリールパッション号
「強い相手も揃っていますし、年齢的にもベテランの域になりますから、怪我なく無事に走りきってほしいです」

(有)サンデーレーシング 様

ソロル号
「前走後も順調に調整ができています。持ち前の勝負根性を発揮して、勝利を目指します」

(株)ダノックス 様

ナイスミーチュー号
「2ヶ月間じっくり休ませて、活気が戻ってきました。今回は、前年2着のレースでもありますので、期待しています」