西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : 『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

G1前日発行の『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載しています。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から競馬内外の話題をお届けしています! 紙面の一部を紹介します。

『今年のジャパンCは、史上初めて外国馬の参戦ゼロとなりました。その本題に行く前に、重賞の常連だった「アドマイヤ」の冠名で知られる近藤利一オーナーが、17日に亡くなられました。心からご冥福をお祈り致します。
それにしても大本命が不在で、混戦ムードの大一番となりました。外国馬が出ないのはさみしいですが、かつてに比べて日本馬が強くなったことは素晴らしいことです。昨晩(22日)は都内のホテルでのジャパンCのウェルカムパーティーに出席致しましたが、JRAの後藤正幸理事長をはじめ、理事の皆様や出走馬関係者の方々の晴れ姿を拝見させていただきました。
今週は月曜日の「栗東トレーニングセンター開設50周年記念式典・祝賀会」をはじめ、中央競馬馬主相互会の理事会、木曜日には私の尊敬する日本臨床外科学会の元会長の先生とゴルフをさせていただきました。多忙な1週間でしたが、ようやく今日は恒例の“四者会談”でストレス解消といきたいものです(笑い)。』(以上紙面より)

今年のジャパンカップは大混戦。『エネイブルが来てくれたら盛り上がったでしょうが、大本命のいないジャパンCは、どの馬にもチャンスがあります。』と西川会長・談。ズバリ、買い目は誕生日馬券? 詳しくは紙面にてご確認ください!

第39回ジャパンカップ [GI]  : 11月24日、東京・芝2400m
田中 成奉 様

タイセイトレイル号
「今回はジャパンカップだけに、実績のある強豪馬ばかりですが、その中でどれだけ力を発揮できるか楽しみにしております」

(株)NICKS 様

スワーヴリチャード号
「調教師の先生からは今年1番の出来だと聞いておりますので、今回は楽しみにしております」

(有)サンデーレーシング 様

ダンビュライト号
「前走の京都大賞典では逃げ粘っての2着と好走しました。今回も積極的な競馬で好勝負を期待します」

第64回京阪杯 [GIII]  : 11月24日、京都・芝1200m
(有)サンデーレーシング 様

リナーテ号
「出走態勢は整っており、準備に抜かりありません。重賞初制覇を期待します」

第6回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス [GIII]  : 11月23日、京都・芝2000m
杉山 忠国 様

ジャストナウ号
「新馬戦で良い勝ち方をしていたので、前走期待しておりましたが、残念な結果となりました。改めて、新馬戦のような自分の走りをして頂ければと思います」