西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : G1週土曜日『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

G1週土曜日発行の『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載しています。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から競馬内外の話題をお届けしています! 紙面の一部を紹介します。

「秋華賞には、当協会の青山洋一常務理事のジュエラーと、窪田康志理事のビッシュが有力馬として出走します。二人とも役員室で一緒に競馬を楽しむ仲間です。激励を兼ねて電話しました。

青山さんは前日に京都入りし、神社でお参りをしてから大一番に挑むとか。「ローズS(11着)は骨折明けで追い切りが足りなかったし、馬場が悪いのも響いた。今回はビシッと仕上げたし、桜花賞以上の状態じゃないですか。窪田君の馬が1番人気になりそうですけど、こちらは桜花賞馬ですからね」と熱い口調で語ってくれました。

窪田さんは「青山さんはGⅠを勝っているけど、僕はたくさん馬を買っても勝っていない。僕ほど寂しい馬主はいないですよ」と笑いながらも、「鹿戸調教師もそうだし、何より戸崎君が自信を持っている。最高の出来だと感じているようだし、『ほかの馬には乗りません』と言って、当日は10Rまで1頭も乗らないんですから」と勝負気配を伝えてくれました。

二人を"取材"した結果、愛馬の体調の良さと強い意気込みが伝わってきました。甲乙つけがたいこの2頭、1着同着を祈るしかないでしょう(笑い)」(以上紙面より)

今週は3歳牝馬クラシック最終章・秋華賞です。「相手は当協会の関連馬を中心に、中でも里見治氏の奥様・美惠子氏の所有する、ミエノサクシードを強調しておきます」と西川会長・談。詳しい買い目は紙面にてご確認を!

第21回秋華賞 [GI]  : 10月16日、京都・芝2000m
青山 洋一 様

ジュエラー号
「今回唯一のG1馬として、この秋華賞は2冠がかかっています。その実績に、華を添えられるような走りを見せてくれると思いますし、ファンの声援にも応えてくれることを期待しております」

窪田 康志 様

ビッシュ号
「夏をうまく越しまして、成長しています。強豪揃いの重賞にはなりますが人気に恥じないようなレースをしてくれることを期待しております」

里見 美惠子 様

ミエノサクシード号
「相性の良い14番の外枠で良かったです。連戦で疲れもあるかと心配しましたが、仕上がりはとても良い状態になっています。強豪揃いのなかですが健闘してくれることを願っております」

(株)東京ホースレーシング 様

レッドアヴァンセ号
「春先と違い、前走から馬体重も減っておらず成長がみられます。騎手も、京都で2勝しており相性の良いコースで走りやすそうだと言っておりましたので、期待しております」

(株)ロードホースクラブ 様

エンジェルフェイス号
「久々の前走を使って体調アップ。メンバーは一段と強化されるものの、ぜひとも頑張って欲しいと思います」

第64回府中牝馬ステークス [GII]  : 10月15日、東京・芝1800m
前迫 義幸 様

ハピネスダンサー号
「4ヶ月の休業明けですが、馬体重は少し増えたくらいで調子は良いです。スマートレイアーをマークして追い越せるかどうかが勝負の鍵になるかと考えています」

(有)サンデーレーシング 様

マジックタイム号
「今年に入り成績が安定しており、改めて期待いたします」