西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : G1週土曜日『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様
G1週土曜日発行の『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載しています。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から競馬内外の話題をお届けしています! 今週の紙面の一部を紹介しましょう。

「昨日(26日)は、父・幸男の三回忌でした。父と近かった方にお集まりいただき、いい供養となりました。足を運んでいただいたのは北島三郎、青木功、五月みどり、仁支川峰子、新川二朗、大月みやこ、浅香光代、中山馬主協会の役員、芸能プロダクションの重鎮、調教師会の二ノ宮敬宇会長、柴田善臣、横山典弘、田中勝春、武士沢友治、三浦皇成といった方々(敬称略)。有馬記念のような豪華メンバーでした(笑い)。

有馬記念といえば、25日に枠順の公開抽選が行われました。初めての試みとして評価しますが、スタジオと東西トレセンの中継ではやや盛り上がりに欠けましたね。せっかくの年末の大一番なのですから、有馬記念プレミアムレセプションで、大勢の関係者の前で抽選してこそ、盛り上がるのではないかと感じました。来年はJRAと協力して、この場での枠順抽選をぜひ実現させたいものです」(以上紙面より)

今年の有馬記念は豪華なメンバーが揃いました。はたして西川会長が本命にした馬はどの馬でしょうか? 詳しくは紙面にてご確認ください。
第59回有馬記念 [G1]  : 12月28日、中山・芝2500m
(有)サンデーレーシング 様

ジェンティルドンナ号
「前走後も順調に調整されており、良い状態です。有終の美を飾ることを期待しています」

フェノーメノ号
「この中間も順調で、良い状態です。持ち前の勝負強さを発揮してほしいところです」