西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : G1週土曜日『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

G1週土曜日発行の『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載しています。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から競馬内外の話題をお届けしています! 紙面の一部を紹介します。

「ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、13日放送のNHK「日本人のおなまえっ!」に出演しました。古館伊知郎さんのバラエティー番組で、今回は「山田」がテーマ。名前の記入例によく見られる「山田太郎」のルーツは…ということで、漫画「ドカベン」を経て、私にたどり着いたというわけです。

山があり、田んぼがあり、かつ平凡な名前の太郎。私が歌った「新聞少年」がヒットしたこともあり、日本人の定番の名前として定着したという内容でした。紅白歌合戦の初出場は17歳。当時の映像が流れていましたが、こんなに幼かったのかと驚きました。

今では"チョイ悪馬主"となった私は、今週は集英社のゴルフコンペに参加してきました。天気も良く、"四者会談"で楽しめなかったお花見もできて、最高でしたね。先週の桜花賞は本命のソウルスターリングが3着に敗れてしまいましたが、今週のGIはホームの中山。何としても当てたいと力が入ります」(以上紙面より)

今週は牡馬クラシック第1弾皐月賞です。話題の中心は牝馬ファンディーナ。そんな中、西川会長の本命馬は? 詳しくは紙面にてご確認ください!

第77回皐月賞 [GI]  : 4月16日、中山・芝2000m
里見 治 様

サトノアレス号
「前走はスタートで滑るようなところがあり、位置取りが悪くなってしまいましたが、上がりの脚は良かったです。距離は1ハロン伸びますが、問題ないと思いますので、今回、スタートが良く出てくれれば可能性はあると期待しています」

丸山 担 様

アウトライアーズ号
「初のGI出走が所属する中山馬主協会のホームグランドである中山競馬場の皐月賞ということで、ワクワク、ドキドキしています。中山コースは3戦して2勝2着1回と連を外していませんし、中間も順調に調整ができたと聞いています。あとは当日の競馬の神様に運を任せたいと思います」

(有)サンデーレーシング 様

アルアイン号
「毎日杯優勝後も順調に調整されており、皐月賞では先行力を活かして優勝を目指します」

ダンビュライト号
「前走の弥生賞は勝ち馬からコンマ3秒差と僅差でしたので、改めて期待いたします」

(株)G1レーシング 様

ペルシアンナイト号
「前走後からトレセンでみっちりと調整してきて、出走体制は整っています。チャンスはあると思いますので、良い競馬をしてくれれば、と願っています」

(株)NICKS 様

スワーヴリチャード号
「初めてのGI出走が3歳クラシックの皐月賞ということで、とても楽しみにしております」

第19回中山グランドジャンプ [J・GI]  : 4月15日、中山・芝4250m
飯田 正剛 様

ティリアンパープル号
「無事に回って帰ってきてくれることを願っております」

田中 成奉 様

タイセイドリーム号
「何頭か強い馬がいるので、上位に入れることを願っています」