西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : G1週土曜日『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

G1週土曜日発行の『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載しています。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から競馬内外の話題をお届けしています! 紙面の一部を紹介します。

「アメリカンフットボールの東日本社会人王者を決めるパールボウルの観戦に、東京ドームに足を運んできました。例年、野田順弘・みづき夫妻にお招きいただいているのですが、今年はオービックがIBMに勝ち、見事に優勝。みづきさんが2頭出しで臨む宝塚記念に、弾みのつく勝利となりました。当日は阪神に行かれるとのこと。かなり張り切っていらっしゃいましたし、勝負気配十分ではないでしょうか。

もちろん、主役は断然の1番人気に推されるであろうキタサンブラックです。大阪杯、春の天皇賞に続いてGⅠ3連勝となれば、2億円のボーナスをゲットするわけですから、陣営としては力が入るところでしょう。秋には凱旋門賞参戦の話も出ています。先日、北島三郎オーナーとお会いしましたが、かなり悩まれているようでした。ここを勝てば、ますます悩ましくなりそうですね。

昨秋から大レースで強さを見せているのが、里見治オーナー。この春も、サトノアラジンが安田記念で悲願のGⅠ初制覇を果たしました。実力馬のサトノクラウンが、まとめて負かしてもおかしくありません」(以上紙面より)

今週はいよいよ上半期G1の総決算、宝塚記念です。紙面であげられた野田オーナー、北島オーナー、里見オーナー、義理人情の厚い西川会長はどのオーナーの馬を選んだのでしょうか? 詳しくは紙面にてご確認ください。

第58回宝塚記念 [GI]  : 6月25日、阪神・芝2200m
里見 治 様

サトノクラウン号
「大外枠になりましたが、11頭立てと少頭数で、また強力なライバル馬を隣に見ながら競馬ができるので問題はないと思っております。日曜日の天候は下り坂のようですが、重馬場の実績もあるので、馬場が渋っても能力は出せそうです。道中は中団から先行よりでレースを進める形になると思いますが、この馬の能力を出し切ってくれればチャンスはあると期待しています」

野田 みづき 様

ミッキークイーン号
「前走は手ごたえ十分も4コーナーで行き脚がつかず残念でした。今回クイーンらしい走りが出来れば勝ち負けできるのでは、と期待しています」

ミッキーロケット号
「前走、GⅠ大阪杯で最強馬相手に出遅れと残念な結果でしたが、今回ゲート練習もしっかり行ないましたので、しっかりゲートを出ればチャンスはあると思います」

第19回東京ジャンプステークス [J・GIII]  : 6月24日、東京・芝3110m
(株)G1レーシング 様

ルートヴィヒコード号
「今回は9頭立てと少頭数ですので、上位に食い込めるチャンスはあると思っております。これまでのキャリアを活かして好走してくれることを願っております」