西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : G1週土曜日『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

G1週土曜日発行の『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載しています。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から競馬内外の話題をお届けしています。今週の紙面の内容を一部紹介いたしましょう。今週の紙面では、大詰めを迎えたJRAの企画予算委員会の報告から。「今年の売り上げは、今のところ前年比100.4%と伸びており、来年度は消費税の増税もあります。賞金は馬主はもちろん、騎手、調教師、厩務員など、競馬関係者すべてにかかわる問題ですから、競馬会とはできる限りの交渉をしてきました。大満足とまではいきませんでしたが、何とか納得のいくところで決着できたのではと思っております」(西川会長・談)紙面では天皇賞の予想も行っております。「朝日杯FSは、枠の有利不利が大きいということで、来年から阪神に移されてしまいましたが、秋の天皇賞が行われる東京の2000メートルも、枠順の有利不利が大きいコースです。6番枠に入ったエイシンフラッシュには追い風になるでしょう」(西川会長)。さらにトウケイヘイロー、ジェンティルドンナ、ナカヤマナイト、ダイワファルコンをピックアップ。詳しくは紙面にてご確認ください。

第148回天皇賞(秋)[G1]  : 10月27日、東京・2000m
(有)サンデーレーシング 様

コディーノ号
「前走では期待を裏切りましたが、調教も順調ですし今度は期待に応えてくれるものと思っております」

ジェンティルドンナ号
「宝塚記念以来4ヶ月振りのレースになりますが、順調に調整されており期待が高まります。良馬場であって欲しいのですが」

(株)ダノックス 様

ダノンバラード号
「このところ重賞で惜しいレースが続いておりますが、今回はひと叩きして状態も良いのでGⅠで相手は強いですが十分頑張ってくれるだろうと思います」

(株)東京ホースレーシング 様

レッドスパーダ号
「初めての距離ですし、完全に今回はチャレンジャーの立場です。大き過ぎる舞台なので強気にはなれませんが馬自身も僕らも大きいところに出したい気持ちがあったので自分の競馬をしてくれたらと思います。いい競馬をしてくれると思うので、応援したいと思います」

和泉 信一 様

ナカヤマナイト号
「昨日調教師から連絡があって、馬の調子はいいみたいです。この馬は重馬場を苦にしないので、土曜の雨で馬場が荒れると思いますがいい走りをしてくれるだろうと結構期待しているんですよ」