西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : G1週土曜日『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

G1週土曜日発行の『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載します。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から競馬内外の話題をお届けしています。今週の紙面の内容を一部紹介いたしましょう。
先週のオークスでは、松本好雄・前日本馬主協会連合会会長の愛馬メイショウマンボが勝利を収めました。「大オーナーが追加登録料を払って臨んだ一戦。勝つべき人が勝ったということでしょう。素晴らしい勝利でした」と西川会長。なぜ本命にしなかったのかと悔やみます。さあ、今週はダービー。紙面ではキズナにロゴタイプをピックアップ。「先日、アンカツ(安藤勝己氏)君は『武豊は強い馬に乗ると実力をきちっと発揮する』と言っていました。競馬を盛り上げてきた偉大なジョッキーに勝ってほしい気持ちは強いです」と綴れば、ロゴタイプについても「田中剛調教師は、騎手時代、障害の名手として鳴らしましたが、クラシックには縁がありませんでした。そんな彼が有力馬の調教師として、ダービーに挑みます。こちらも応援したくなります」と語ります。紙面でどちらを本命にしたのでしょうか? また3頭出しの藤沢和厩舎からはフラムドグロワールに注目。その理由とは? 詳しくは紙面にて。

第80回日本ダービー[G1]  : 5月26日、東京・芝2400m
(有)サンデーレーシング 様

コディーノ号
「ここのところ惜敗続きですが、3歳馬最高のレースですし無事に走って何とかいい結果を出して欲しいと期待しております」

矢野 悦三 様

クラウンレガーロ号
「ダービーに出走できることになり、生産者ならびに関係者の皆さまに感謝いたします」

(株)東京ホースレーシング 様

レッドレイヴン号
「まずはこの舞台に立てたことが一番嬉しいです。無事にレースをして、一つでも上を目指してもらえたらと思っています」