西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : 『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

G1前日発行の『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載しています。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から競馬内外の話題をお届けしています! 紙面の一部を紹介します。

『読者の皆様、ご無沙汰しております。いよいよ秋のG1シーズンが始まり、またお付き合い下さい。春から夏とコロナ禍の影響で無観客競馬が続いておりましたが、自粛期間中でも根強い競馬ファンのおかげで、電話・インターネット投票加入者は約40万人近く増えたといいます。新たなファンもつかむこともできたと思いますし、本格的なネット時代であると改めて感じる次第です。

9月に誕生した菅義偉新内閣は、デジタル庁の創設を目指すなどデジタル化に力を入れています。世界に遅れを取ってはならない重要な分野であり、国民とともに菅首相の手腕に期待しております。

当協会は中山競馬場のパドックに「コロナ禍 みんなでがんばろう」のメッセージを掲示しております。しかしトランプ米大統領も感染したように、まだまだ油断はなりません。来週の開催からは限定的にファンの競馬場への入場が再開されますが、早く日本独自のワクチンができて、みんなが安全に生活できる日を待ち望んでおります。』(以上紙面より)

今週から秋のG1シリーズが開幕です。春のG1馬に夏の上がり馬が出揃う豪華メンバーの中、西川会長の本命馬は? 詳しい予想は紙面にてご確認ください!

第54回スプリンターズステークス [GI]  : 10月4日、中山・芝1200m
(株)ダノックス 様

ダノンスマッシュ号
「前走セントウルステークス(GII)は全く危なげなく勝利できました。今回GIは強い馬が何頭も揃っていますので、展開次第かと考えます。今回三浦騎手による騎乗から川田騎手に変更となったことでどうなるか気になるところではありますが、克服して勝利を掴んでもらいたいです」

(有)サンデーレーシング 様

グランアレグリア号
「夏場を休養にあてたことで、心身ともに成長がうかがえ、良い状態で出走できそうです。GI競走3勝目を期待します」

(株)東京ホースレーシング 様

レッドアンシェル号
「見事、サマースプリントチャンピオンになることでき、一つタイトル取ることができました。この中間もしっかり乗り込め、夏場を使った影響もなく調子落ちもしていません。今が充実の時といえます。中山のスプリント戦は初めてですが、今の馬場なら対応も可能だと思いますので、期待しています」

第24回シリウスステークス [GIII]  : 10月3日、中京・ダート1900m
(株)ダノックス 様

ダノンスプレンダー号
「この馬は非常に強いと思っていますが、体調の関係で少し出遅れて、やっと重賞に参加できます。好位に付けるレースができるので、掲示板の上の方を狙っています」