西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : G1週土曜日『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

G1週土曜日発行の『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載しています。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から競馬内外の話題をお届けしています。今週の紙面の内容を一部紹介いたしましょう。
今週は16日に開催する有馬記念プレミアムレセプションの話題から。「今年の『Fun of The Year』は、プロ野球・楽天の田中将大投手、陸上のパラリンピック選手の佐藤真海さんに決まりました。当協会一丸となって盛り上げるつもりですので、ご注目ください」(西川会長・談)今週の朝日杯FSは、65回目となる中山の伝統レースですが、来年からは阪神に舞台を移してしまいます。「セントライト記念に「朝日杯」がつき、ホープフルSが将来的にGⅠに昇格するということで引き下がりましたが、調教師や騎手、我々馬主への事前通告がなかったのは大変残念でした」(西川会長)
歴史にピリオドが打たれる今回、西川会長は紙面にて大竹厩舎のショウナンワダチに期待を寄せました。さてその理由とは? 詳しくは紙面にてご確認ください。

第51回愛知杯[G3]  : 12月14日、中京・芝2000m
(有)サンデーレーシング 様

アロマティコ号
「秋華賞で3着馬ですし、念願の重賞初制覇に向けて頑張って欲しいものです」

第65回朝日杯フューチュリティステークス[G1]  : 12月15日、中山・芝1600m
(有)サンデーレーシング 様

ツィンクルソード号
「相手は強いでしょうが本馬も3戦2勝ですし、決してヒケはとらないと思っています」