西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : G1週土曜日『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

『スポーツ報知』土曜日発行の紙面で好評連載中の当協会西川会長のコラム「オーナーだけが知っている」今週の内容を一部ご紹介します。
昨日、競馬会に悲しいニュースが飛び込んでまいりました。無敗の三冠馬シンボリルドルフが30歳で大往生を遂げました。シンボリルドルフは、シンボリ牧場の故・和田共弘代表の情熱の結晶のような馬。自ら輸入したパーソロンを種付けして生まれた傑作でした。日本を代表するホースマン・和田代表について、紙面で西川会長は「協会の会員であったことを、我々会員は誇りに思います」と語ります。シンボリルドルフを心静かに偲びたいと思います。
さて今週の紙面では、JRAの企画予算委員会について触れています。
年間109億円もの競走事業費予算の減額を提示したJRAについて、馬主の立場から意見を述べています。
「JRAは競馬場を提供していますが、我々も走る馬を提供する立場。売り上げが落ちたからといって、馬主ばかりに痛みを求められては、走る馬の質が落ち、競馬そのものが衰退してしまいます」(西川会長)非常事態の今だからこそ、次世代の競馬を魅力あるものにするため、考えるべきだと思うと西川会長は述べています。
予想の方は、今週は日曜の毎日王冠に注目。ズバリ、西川会長が目をつけた馬はあの馬でした。続きは紙面にてご確認ください。

第62回毎日王冠[G2]  : 10月9日、東京 芝1800m
野田 みづき 様

ミッキードリーム号
「実績のある馬ですから、頑張ってくれると思いますし、手応えも感じております。3連勝中と調子も良く、先週のカレンチャン号の例もありますからやってくれるのではと密かに期待しています」

(株)ダノックス 様

ダノンヨーヨー号
「実績のある馬ですし、昨年この時期に連勝していたことからも秋は得意にしています。
期待していますよ」

第46回京都大賞典[G2]  : 10月9日、京都 芝2400m
(有)サンデーレーシング 様

ローズキングダム号
「宝塚記念以来の出走になりますが、仕上がりは万全と聞いております。
斤量が59キロと他馬より重いのが気になりますが、勝って今後のG1レースに弾みをつけてもらいたいものです」

第24回マイルチャンピオンシップ南部杯[Jpn1]  : 10月10日、東京 ダート1600m
(有)サンデーレーシング 様

オーロマイスター号
「前走のエルムステークスで2着に入り、復調気配です。
昨年のこのレースの覇者ですし、強豪相手になりますが上位に食い込めるものと期待しております」

横山 修二 様

クリールパッション号
「調子が上向いているので、何とか結果を出してほしい。強豪揃いで楽しみです」

(株)ダノックス 様

ダノンカモン号
「相手に強い馬がおりますが、こちらも満を持してという気持ちで臨みますので頑張っていい勝負をしてくれるのではと思います」