西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : G1週土曜日『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

『スポーツ報知』土曜日発行の紙面で好評連載中の当協会西川会長のコラム「オーナーだけが知っている」今週の内容を一部ご紹介します。秋のG1シリーズがいよいよ開幕。中山競馬場では日曜メインでG1シリーズ第1弾スプリンターズSが行われます。今年は外国からシンガポールの怪物ロケットマンや、香港からラッキーナイン、グリーンバーディーと強豪が参戦。果たして会長の予想はいかに?
まず紙面では、今週JRAより処分がくだされた河野通文調教師への免許取り消しの件について言及しています。JRAより発表があったのが、三浦皇成騎手とタレントのほしのあきさんが結婚し明るい話題となった直後。処分自体は仕方ないが、果たして発表のタイミングはあまりにも乱暴ではなかったか。
また河野師に預けている馬は、藤原辰厩舎に転厩‎となりましたが、その手法についても馬主の視点から「せめて事前に通達し、預託馬の行き先を決めてから発表すべき」と苦言を呈しています。
「荒尾競馬の廃止が決まったように、地方競馬を含め、競馬の売り上げは年々落ちています。(今回の発表のタイミングについて)果たして競馬全体の利益を考えていたのか、非常に疑問が残ります」(西川会長)
予想の方は、中山で開幕するG1シリーズで力が入る西川会長。快速馬がそのまま前々のレースで押し切るのか? それとも差し馬が怒涛のように押し寄せるのか? 会長はどちらに注目したのでしょうか? つづきは紙面にてご確認ください。

第15回シリウスステークス[G3]  : 10月1日、阪神 ダート2000m
(有)サンデーレーシング 様

キングスエンブレム号
「夏を越して馬が大変良くなっていると聞いています。昨年勝っているレースですし、できれば連覇して、一段と飛躍して欲しいのですが」

第45回スプリンターズステークス[G1]  : 10月2日、中山 芝1200m
(株)栄進堂 様

エーシンヴァーゴウ号・エーシンリジル号
「ヴァーゴウがずいぶん外を引いてしまいました。まぁ、中山の1200は向正面が直線やからね、まだマシでしょう。馬の調子は2頭とも良いですから。速いペースになるかと思うので、前へ行ったらつぶれるでしょう。
ヴァーゴウは行きたがる馬ですから、福永君に上手く乗ってもらって新潟の千直を勝った時のイメージで、最後の直線で真ん中を割ってくるような展開になれば面白いですね。

リジルは前走を余裕を持って終えた分、疲れがありません。隣に速い馬がいますから、隣について行って上手いレースができたらいい。田辺君はうちの馬で結構勝っていますから、今回もなにかあるかもわからん。岩田とか川田とか田辺とか、『田』のつく乗り役さんと相性がいいみたいなんです(笑)
どちらかが掲示板に載ってくれるといいですね。馬場もなんとか持ちそうですから、馬券も売れて賑やかなレースになることを願っています」