西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : G1週土曜日『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

G1週土曜日発行の『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載しています。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から競馬内外の話題をお届けしています。秋のG1シリーズ、ぜひ西川会長の予想にご注目! 今週の紙面では現在行っている協議について触れています。「17日付のスポーツ報知に、「ジャパンC3億円」という見出しが躍りました。1着賞金が、現在の2億5000万円からアップするという内容でした。記事には、有馬記念も2億5000万円(現在は2億円)になると書かれていましたが、まさに今、我々はこれらについて協議しているわけです。有馬記念は、ファン投票で選ばれた馬が競うグランプリレース。また、世界一の売り上げを誇るレースでもあります。ジャパンCと同額、あるいはそれ以上にして盛り上げなければ、ファンは納得しないのではないでしょうか。ファンあっての競馬と考えると、今後の課題と言わざるを得ません」(西川会長・談)。紙面では先週当協会の研修旅行で現地観戦した凱旋門賞、秋華賞の予想も合わせて披露しています。詳しくは紙面にてご確認を。

第19回秋華賞[G1]  : 10月19日、京都・芝2000m
(有)サンデーレーシング 様

レーヴデトワール号
「前走は得意とはいえない不良馬場でしっかりと勝ち切ってくれましたが、折り合いを欠いたところもあり、あれが本馬の実力とは考えていません。折り合いさえつけば、G1レースでも十分に足りるはずです」

サングレアル号
「能力的にはG1レースでも決してヒケを取りません。馬体さえ維持できていれば、チャンスは十分あるはずです」

吉田 勝己 様

パシフィックギャル号
「追い切りでは好時計を連発しており、上々の仕上がりです。前々の競馬で押し切っても、不思議ではありません」

(株)東京ホースレーシング 様

レッドリヴェール号
「今回は樫の女王もいて、強い相手が揃っていますが、力のある馬だと思っておりますので、2歳女王らしい姿を見せられるように頑張ってほしいです」

前迫 義幸 様

ハピネスダンサー号
「馬の状態はいいですね。直前の調教では軽く抑えた内容でいいタイムが出ていたと聞いています。この馬は右回りを得意としていますので、中山と同じ右回りのコースなら存分に力を発揮してくれると思います。それに終いの脚もしっかり追えば伸びるので藤岡騎手には強気で積極的な騎乗をしてもらいたいです」

第62回府中牝馬ステークス[G2]  : 10月18日、東京・芝1800m
(有)サンデーレーシング 様

アイスフォーリス号
「オークスで3着した時の状態にようやく戻っています。ここで念願の重賞制覇を狙っています」

クッカーニャ号
「オープンクラスではここまで苦戦が続いていますが、良い状態に仕上がっていますし、好走を期待します」

池谷 誠一 様

アミカブルナンバー号
「1800mは初めてで、少し長いかなと思いますが、頑張ってほしいです」

(株)ロードホースクラブ 様

キャトルフィーユ号
「前走で重賞タイトルを獲得。着実に力を付けています。次の大一番へ向けて、今回も良い走りを期待しています」