西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : 『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

G1前日発行の『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載しています。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から競馬内外の話題をお届けしています! 紙面の一部を紹介します。

『昨夜はジャパンCのウェルカムパーティーに出席しました。JRAの後藤正幸理事長をはじめ、理事の皆様が海外の関係者をもてなし、ご婦人方は着物やドレスで着飾って華やかな雰囲気でした。今年で第38回を数えますが、レース創設に至るまで多くの苦労があり、JRAの努力を物語っているように思います。

創設にあたっては、外国馬にファンの関心が向くのか、そもそも外国馬を集められるのかといった賛否両論の議論が交わされていました。最初の頃は外国馬に歯が立ちませんでしたが、第4回でカツラギエースが日本初優勝。海外に追いつき追い越せで、名種牡馬サンデーサイレンスを導入するなどJRAや生産者の努力があり、日本馬が世界レベルまで強くなったと言っても過言ではありません。

パーティーでは当協会の野田順弘、みづきご夫妻にお会いして、デモテープを渡していた私の新曲『やっと咲いたよなぁ』の感想を「どんな夫婦にも当てはまる、ジーンとくる歌ですね」と褒めていただきました。今年は2頭出しの里見治オーナーも、同じように夫婦で馬主をなさっています。今のご活躍は、「やっと咲いたよなぁ」であります。』(以上、紙面より)

今週はジャパンカップ。「ミッキースワローは、横山典騎手の一発があるような気がします」と西川会長・談。詳しい予想は紙面にてご確認ください!

第38回ジャパンカップ [GI]  : 11月25日、東京・芝2400m
(株)サトミホースカンパニー 様

サトノダイヤモンド号
「前走京都大賞典で復活し、状態も良いころに近づいてきました。アーモンドアイが人気で、強敵となりますが、楽しみにしています」

サトノクラウン号
「春の宝塚記念以来の競馬となるため、不安も多少あります。先生の話では調子は上向いているとの話ですので、この馬の力を信じようと思います」

(株)NICKS 様

スワーヴリチャード号
「1回叩いて間違いなく状態は上向いております。東京の2400mはこの馬にとって最適な条件だと思っておりますので、ここでの巻き返しを期待しています」

野田 みづき 様

ミッキースワロー号
「前走は3番人気にも関わらず、勝負所では内に入り、前が詰まる不利がありました。今回は強い相手だけに、ロスなく立ち回り、横山騎手の最高の騎乗を期待しています」

第63回京阪杯 [GIII]  : 11月25日、京都・芝1200m
(株)ダノックス 様

ダノンスマッシュ号
「前走の札幌 キーンランドカップは勝てるチャンスもありましたが、展開のアヤで逸してしまいました。実力は十分で、今回も勝ち負け必至と思っております」

第5回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス [GIII]  : 11月24日、京都・芝2000m
久米 誠 様

セイカヤマノ号
「芝で使っていて徐々に調子を上げてきた中、前走はダート1600mで初白星でした。この馬は距離が伸びればその分力を出してくれる血筋なので、他のライバル馬と遜色なく良いレースが出来るのではないかと思っております」

野田 みづき 様

ミッキーブラック号
「只今2連勝中で、パワーがあり良いフットワークで走ります。勝って、暮れのホープフルステークスへ行きたいと思います」