西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : G1週土曜日『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

G1週土曜日発行の『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載しています。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から競馬内外の話題をお届けしています。今週の紙面の内容を一部紹介いたしましょう。今週の紙面では先日開催いたしました有馬記念プレミアムレセプションパーティーの話題から。「全出走馬の関係者、数多くのゲストにお越しいただき、徳光和夫さんとプロ野球界のドン・野村克也さん、ゴルフ界のドン・青木功さんの舌戦に会場が沸くなど、大成功のうちに終えることができました。改めて感謝を申し上げます」(西川会長)その有馬記念について「出走馬については、少々物足りない印象は否めません。ファン投票10位以内は、1位のオルフェーヴルと3位のゴールドシップだけ。馬には故障や体調の問題がつきものとはいえ、寂しい限りです。有馬記念は、世界一の売り上げを誇るドリームレースです。年末ジャンボ宝くじは、1等・前後賞合わせて7億円になりました。有馬記念も1着賞金が7億円だったら、出走馬はどうだったのでしょうか。年末の国民的行事、競馬の祭典として盛り上げるためには、もっと思い切ったことをしてもいい気がします」と紙面で語ります。さて、今年の有馬記念はオルフェーヴルの引退レースとなるわけですが、果たして予想ではどの馬に注目したのでしょうか? 詳しくは紙面にてご確認を。

第58回有馬記念[G1]  : 12月22日、中山・芝2500m
(株)ウイン 様

ウインバリアシオン号
「長期休養明けのレースもなかなかの結果を残せました。そこを叩いてさらに上向いているので、いいレースに期待しています」

(株)ダノックス 様

ダノンバラード号
「前走は外枠かつ、左回りの不利もあり不本意な結果となりました。今回は得意の中山右回りで1枠1番。好結果を期待しています」

和泉 信一 様

ナカヤマナイト号
「外枠になっちゃったらしいんだけど、この馬にとってはそっちの方が有利なんじゃないかと思うんです。自分のレースができますからね。いいレースをしてくれるんじゃないかって思っていますよ」