西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : 『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

G1前日発行の『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載しています。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から競馬内外の話題をお届けしています! 紙面の一部を紹介します。

『今週は約3週間にわたった企画予算委員会での競馬会との折衝が無事に終わりました。各馬主協会の会長の方々に頑張っていただき、納得のいく決着になったと思います。全ての出走馬に与えられる特別出走手当をはじめ、ほぼ各賞金も大幅アップとなる方向で、全体に行き渡るような要望を聞き入れていただきました。

全体の賞金が上がれば、調教師、騎手、厩務員への進上金も増えるわけで、今後の預託料の軽減を踏まえた予算を立てていただいた形です。そしてコロナ禍でも競馬が一度も休まずに開催できたことは、全ての競馬関係者に感謝申し上げたいです。

また昨日は秋晴れの素晴らしい天気でしたので、千葉カントリークラブの川間コースで地主の石山隆一社長、JAちば東葛元代表理事組合長の勝田実さん、そして同クラブの山本章裕社長と楽しくラウンドさせていただきました。そのなかで「天皇賞はどうなの?」と聞かれましたので、私がきょうだいを繁殖牝馬で持っているワールドプレミアを推奨しました』(以上紙面より)

今週は天皇賞(秋)です。最強の座を競うのに相応しいメンバーが揃いました。西川会長の詳しい買い目は紙面にてご確認ください!

第164回天皇賞(秋) [GI]  : 10月31日、東京・芝2000m
(有)サンデーレーシング 様

グランアレグリア号
「前走の安田記念出走後、天皇賞(秋)を目標に調整してきました。良い状態に仕上がっており、GI競走6勝目を期待します」

(株)G1レーシング 様

ペルシアンナイト号
「今年はこの天皇賞に向けて調整してまいりました。札幌記念では7歳ながら3着と結果を残してくれたので、メンバー強くなりますがGⅠ優勝ホースとしての意地を見せてもらいたいです」

第64回MBS賞スワンステークス [GII]  : 10月30日、阪神・芝1400m
小笹 芳央 様

ホウオウアマゾン号
「春のNHKマイルカップ以来の久々の出走になります。千四は初めての距離ですが、器用な馬なのでなんとか対応して欲しいと思っています。調教も順調だったようですから、好走を期待しています」

(株)ダノックス 様

ダノンファンタジー号
「昨年の暮れに阪神カップ勝利して以後、GⅠ馬相手に2戦して成績はもう一つですが、今回はGⅡ戦に戻り、調子も良く期待しております」

(有)サンデーレーシング 様

ステルヴィオ号
「昨年のスワンステークスは2着の成績を収めており、相性の良いコースですので、改めて期待します」

タイムフライヤー号
「追い切りでは池添騎手が3週連続で騎乗し、態勢はしっかりと整いました。久々の芝のレースで良い勝負をして欲しいです」

ルフトシュトローム号
「今年4月のマイラーズカップ出走からじっくりと調整して良い状態に仕上がりました。重賞2勝目を願います」

第10回アルテミスステークス [GIII]  : 10月30日、東京・芝1600m
(有)サンデーレーシング 様

ベルクレスタ号
「8月の初勝利のあと、早くからこのレースに照準を合わせて調整されました。乗り込み量は十分なので力を発揮できるはずです」