西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : 『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

G1前日発行の『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載しています。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から競馬内外の話題をお届けしています! 紙面の一部を紹介します。

『GⅠが行われる東京競馬場は、今週から限定的に有観客での開催が再開されます。しかし愛馬の優勝口取りは、自粛しています。まだワクチンが行き渡っておらず、私のところにも接種の案内は来ましたが、予約がいつ取れるか分からない状況だからでございます。

厳しいことを言わせてもらいますが、時間帯を決めた外出禁止や交通機関の制限、そして路上での立ち飲みに罰則を科すなど厳しい措置を取って、初めて緊急事態宣言なのではないでしょうか。昔は気骨のある政治家がいましたが、新型コロナウイルスによる死者が増えるなか、「私の命を救ってくださいよ、総理!」と叫びたくなるじゃありませんか。

それは国民から愛される娯楽に定着した競馬を止めないためにもです。厳格な新型コロナ対策を実施して開催を続けていますが、騎手から感染者が出たら大変なことになります。医療従事者といった必要なところからワクチンを優先接種していくのはもちろんですが、自治体の市長や幹部が市民に先駆けて接種するくらいなら、オリンピック選手や競馬のジョッキーに接種してほしいです。』(以上紙面より)

今週は古馬女王決定戦・ヴィクトリアマイルです。『女王グランアレグリアの実力が抜けています』と西川会長・談。 詳しい予想は紙面にてご確認ください!

第16回ヴィクトリアマイル [GI]  : 5月16日、東京・芝1600m
(株)ダノックス 様

ダノンファンタジー号
「この馬自身、絶好調が続いていますが、高松宮記念といい今回も相手が相当強く、展開に恵まれないと苦しい様子ですが、何とか頑張って欲しいです」

(有)サンデーレーシング 様

グランアレグリア号
「大阪杯出走後は短期放牧を挟んで、リフレッシュを図りました。心身ともによい状態でレースに臨めそうです。東京・芝1600m戦はGⅠ勝ちの実績があり、GⅠ5勝目を期待します」

(株)東京ホースレーシング 様

レッドベルディエス号
「前走でオープン入りできました。成長曲線を順調に描き、充実した状態で出走できそうです。GⅠ挑戦は初めてで相手は強くなりますが、持てる力を発揮して欲しいです」

第66回京王杯スプリングカップ [GII]  : 5月15日、東京・芝1400m
田中 成奉 様

タイセイビジョン号
「近走はマイル路線で使っていましたが、ベストは1400mだと思っています。適距離でチャンスはあると思いますので、期待しております」

野田 みづき 様

ミッキーブリランテ号
「ダノンザキッドの兄にあたりますが、最近力を付けて重賞優勝に再挑戦になります。内枠を引ければ期待が持てると思っていましたが、真ん中あたりの11番。良い方に展開することを願います」

山口 功一郎 様

シャインガーネット号
「昨年のファルコンステークスを制した左回り1400mの舞台なので適正は高いと思います。馬場が渋ればなお、チャンスありと思っています」