西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : 『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

G1前日発行の『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載しています。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から競馬内外の話題をお届けしています! 紙面の一部を紹介します。

『季節は10月に入って、いよいよ秋が深まってまいりました。今週の水曜日は、日本馬主協会連合会の企画予算委員会が行われました。まだ内容については公表できる段階ではございませんが、前年より大幅なアップを期待したいと思っています。

そして木曜日は先月末で緊急事態宣言が解除されたので、当協会の常務会と理事会を開催致しました。「女心と秋の空」と言いますが、会議の前にやったゴルフはおかげさまで好天に恵まれました。エージシュートの「73」が出そうになって、頑張りましたがダメでした(苦笑い)。競馬でも何でも、勝とうというプレッシャーは誰しもありますが、そのなかで実力が発揮できるかが大事なのでしょう。そして勝負事には運がついて回りますから難しいものです。』(以上紙面より)

今週は3歳牝馬クラシック最終章の秋華賞です。「秋華賞は金子真人オーナーのソダシとアカイトリノムスメが人気を集めています。この2頭の力が抜けているでしょうから、どうかスターホースに勝っていただきたいと思います。穴では古馬と戦ってきた馬を狙って、アナザーリリックやサルファーコスモスの一発に期待します」と西川会長・談。 詳しい買い目は紙面にてご確認ください!

第26回秋華賞 [GI]  : 10月17日、阪神・芝2000m
小笹 芳央 様

ホウオウイクセル号
「前哨戦の紫苑ステークスは、ゲートで立ち上がり大きく出遅れての13着。それでも終いはいい足を使っていました。秋華賞本番もゲートが鍵です。まともにゲートを出て、見ごたえのあるレースをしてくれることを期待しています」

六井 元一 様

ファインルージュ号
「この度、愛馬ファインルージュが三冠レース最終戦・秋華賞にも桜花賞、オークスに続き出走させて頂くことになりました。レースにむけての牧場、厩舎、関係者の皆さまのご尽力に感謝申し上げます。ファインルージュも一生懸命に応えて頑張ってくれています。日曜日は、元気に無事にレースを迎え、名手の導きで力を発揮してもらいたいです。無事にレース開催を頂きますこと、多くの競馬ファンの皆さま、関係者の皆さまに心より感謝申し上げます」

(有)サンデーレーシング 様

アンドヴァラナウト号
「メンバー最速の末脚でローズステークスを快勝した後も、疲れはそれほどなく、順調に調整できました。デビューから手綱をとる福永騎手と息の合った走りを期待します」

第69回アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス [GII]  : 10月16日、東京・芝1800m
(株)サトミホースカンパニー 様

サトノダムゼル号
「状態はまずまずですが、7か月の休み明けがどうなるか、というところです。左回りの1800mは相性も良いので、休み明けを克服して欲しいです」

(有)サンデーレーシング 様

ドナアトラエンテ号
「前走のクイーンS出走後、間をあけて本レースを目標にじっくりと調整してきました。重賞初制覇を期待します」

(株)東京ホースレーシング 様

レッドベルディエス号
「なかなか重賞で結果が出せておりませんが、まだまだ成長は見られます。東京のコースは、相性は良いので、胸を借りるつもりでチャレンジしてもらいたいです」