西川会長の「オーナーだけが知っている」今週のコラム  : 『スポーツ報知』で好評連載中!
西川 賢 様

G1前日発行の『スポーツ報知』で当協会西川会長が、コラム「オーナーだけが知っている」を連載しています。当協会会長の立場だけでなく馬主の視点から競馬内外の話題をお届けしています! 紙面の一部を紹介します。

『先週の当コラムでもお知らせしましたが、このたび日本馬主協会連合会の会長に就任致しました。ありがたいことに親しい方々からいろいろと気を遣っていただき、お祝いのお花をたくさんいただきました。浅草の隅田川の桜は散りましたが、我が家では毎日お花見をしております(笑い)。しみじみ感謝するとともに、改めて頑張らなければという気持ちです。

そんななか今は、JRAの厩務員春闘の真っただ中です。労務・預託委員長を務める福島馬主協会の伊東純一会長とは電話などでいろいろとやり取りをさせていただいておりますが、大変頑張っていただいております。本格的なGI シーズンの到来で競馬が盛り上がっておりますが、その裏ではシビアなやり取りがなされており、頭が痛くなることもあります。』(以上紙面より)

今週から3歳クラシックロードが幕開けです。『桜花賞は才能あふれる乙女たちで“満開”のにぎわいです。公私ともにお世話になっている里見治オーナーのサトノレイナスに期待しましょう。秘める能力は間違いなしです。2頭出しの金子真人オーナーのソダシとアカイトリノムスメは外せません。横山典騎手のメイケイエールも、出方次第で怖いですよ』と西川会長・談。 詳しい予想は紙面にてご確認ください!

第81回桜花賞 [GI]  : 4月11日、阪神・芝1600m
小笹 芳央 様

ホウオウイクセル号
「前走のフラワーカップで重賞初制覇を果たした本馬ですが、丸田騎手の好騎乗が光りました。桜花賞では17番という外枠を引きましたが、持ち前の器用さで上手に立ち回って欲しいと思っています。メジロの血が覚醒してくれることを願っています」

(株)サトミホースカンパニー 様

サトノレイナス号
「ここは勝ち負けしたいですね。18番枠が少し心配ですが、出遅れないことを願って、あとはルメール騎手を信じて吉報を待ちたいです。能力的にはソダシに引けを取らないと思っていますので楽しみにしています」

六井 元一 様

ファインルージュ号
「桜花賞出走が決まって以来、家族皆に元気と楽しみを与えてくれているファインルージュ、何しろ元気に無事にレースを迎えてほしいと祈るばかりです。コロナ禍の今、緊張が続く中でレースに向けて調整頂いている牧場、厩舎、関係者の皆さまに、感謝、感謝、感謝であります」

(有)サンデーレーシング 様

ジネストラ号
「アネモネステークス後、厩舎で調整し、良い状態で出走できそうです。母ハッピーパスは桜花賞4着の成績を残しており、本馬にも期待がかかります」

ソングライン号
「紅梅ステークス優勝後も順調に調整されており、良い状態で出走できそうです。G1勝利を願っています」

第39回ニュージーランドトロフィー [GII]  : 4月10日、中山・芝1600m
(株)サトミホースカンパニー 様

サトノブラーヴ号
「レイパパレの弟にあたる血統で、初戦の勝ち方、時計も良かったと思います。調教師の先生から是非、この重賞にチャレンジしたいと話があり、運良くは出走できたので楽しみにしています。能力的にもチャンスはあると思いますし、優勝が叶わなくても、良いレースをして次に繋がる走りは見せてくれると信じています」

DMMドリームクラブ(株) 様

タイムトゥヘヴン号
「今回初めてのマイル戦ですが、走り方や血統から適正はあると思います。新しい面を見せてくれるのでは、と楽しみです」

第64回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス [GII]  : 4月10日、阪神・芝1600m
水上 ふじ子 様

ロフティフレーズ号
「重賞は5度目の挑戦ですが、なかなか結果が出ていません。しかし、挑戦することも大切だと感じています。この先には、繫殖牝馬としての人生(馬生)も残っているので、この馬らしい走りをしつつ、無事に戻って来ることを願っています」

(有)サンデーレーシング 様

ドナウデルタ号
「フレッシュな状態で帰厩してから、順調に調整されてきました。スムースなレースができればチャンスはあると期待しています」