Topicsニュース&トピックス

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(有)サンデーレーシング 様所有馬 フィエールマン号が天皇賞(春)優勝

  • 2019/04/28

4月28日(日)京都競馬場で施行されました第159回天皇賞(春)(GI・芝3200m)において、当協会会員(有)サンデーレーシング 様所有馬 フィエールマン号が見事優勝しました。

1番人気でレースを迎えたフィエールマン号は、道中中団を追走し向正面で早めに先団に進出すると、最後の直線では叩き合いを制して優勝。6戦目での史上最少キャリアで天皇賞(春)を制覇し、菊花賞につづいてG1・2勝目を挙げました。
優勝おめでとうございます。

(有)サンデーレーシング 様のコメント
「最後の直線では、持ち前の勝負根性をみせて、見事勝利を飾りました。天皇賞(春)は6戦目での勝利となり、まだまだ成長が見込めますので、これからの活躍が楽しみです。ご声援ありがとうございました」

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

祝! JRA通算350勝達成! (株)ダノックス 様

  • 2019/04/27

4月27日(土)新潟競馬場で施行されました第2レース(3歳未勝利・ダート1800m)において、当協会会員(株)ダノックス 様所有馬 ダノングリスター号が優勝し、(株)ダノックス 様はJRA通算350勝達成しました。
通算350勝、おめでとうございます。

(株)ダノックス 様のコメント
「2002年に1頭所有してから17年間で350勝達成できたことは、オーナーをはじめとしてダノックス一同大変喜んでおります。最近は注目馬も出ておりますしこれから目標を持って一歩ずつ進んでいきたいと思っております。今後もご愛顧のほどよろしくお願いいたします」

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

JRAブリーズアップセール開催

  • 2019/04/23

4月23日(火)、中山競馬場では日本中央競馬会が主催するJRAブリーズアップセールが開催されました。

日高・宮崎の両育成牧場での技術の高い育成と徹底した情報開示が購買者層から高い信頼を得ているセールです。

今年は牡馬32頭、牝馬37頭の合計69頭の育成馬が上場されました(11頭欠場)。上場馬の中にはキズナ、ゴールドシップ、カレンブラックヒル、スピルバーグ、フェノーメノなど、中央競馬を盛り上げた名馬たちの初年度産駒も登場しました。最高落札価格は新種牡馬キズナ産駒のニシノミラクルの17で、5400万円(税込)で落札されました。

上場馬69頭中69頭すべてが落札され、平均価格は1322万6087円(牡牝含む・税込)、取引総額は9億1260万円(税込)となりました。また中山馬主協会会員の落札馬は69頭中15頭で全体の21%以上を占めました。
6月からは早くも新馬戦がスタートします。本日、購買された皆様のご愛馬が活躍することを願っております。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

JRAブリーズアップセール前日展示開催

  • 2019/04/22

4月22日(月)、中山競馬場にてJRAブリーズアップセールの前日展示会が行われました。

JRAブリーズアップセールは、JRAが全国の1歳市場で購入または日高育成牧場で生産した馬を、日高・宮崎の両育成牧場で調教し、JRA育成馬として中央競馬馬主に売却するセリです。新規馬主限定セッションなど、あらたに馬主資格を取得した方も参加しやすい方式となっており、まず本セリで最初の愛馬を購入する馬主も少なくありません。 展示会に先立って行われたセリに役立つ勉強会では「屈腱部の超音波検査について」のテーマで講義があり、実際の競走馬を用いた超音波検査も行われました。

その後に行われた展示会では明日のセリに先立ち、馬主・調教師などが訪れ、セリに上場される馬の状態を細かく確認していました。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(株)ダノックス 様所有馬 ダノンプレミアム号がマイラーズカップ優勝

  • 2019/04/21

4月21日(日)京都競馬場で施行されました第50回 読売マイラーズカップ(GII・芝1600m)において、当協会会員(株)ダノックス 様所有馬 ダノンプレミアム号が見事優勝しました。

1番人気でレースを迎えたダノンプレミアム号は、道中2番手追走から直線先頭に立ちそのまま後続を振り切って優勝。前走金鯱賞につづき連勝で、重賞5勝目を手にしました。
優勝おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(有)サンデーレーシング 様所有馬 グランアレグリア号が桜花賞優勝

  • 2019/04/07

4月7日(日)阪神競馬場で施行されました牝馬クラシック第一弾・第79回桜花賞(GI・芝1600m)において、当協会会員(有)サンデーレーシング 様所有馬 グランアレグリア号が見事優勝しました。

2番人気でレースを迎えたグランアレグリア号は、道中好位追走から直線早めに先頭に立ち、そのまま後続の追撃を振り切って優勝。2着馬に2馬身1/2差をつけ、1分32秒7のレコードタイムで見事一冠目を手にしました。
優勝おめでとうございます。

(有)サンデーレーシング 様のコメント
「昨年の朝日杯フューチュリティーステークス以来の出走となりましたが、放牧を挟んで、良い状態で出走することができました。桜花賞では能力を存分に発揮してくれました。これからの活躍が楽しみです。ご声援ありがとうございました」

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

野田 みづき 様所有馬 ミッキーチャーム号が阪神牝馬ステークス優勝

  • 2019/04/06

4月6日(土)阪神競馬場で施行されました第62回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII・芝1600m)において、当協会会員野田 みづき 様所有馬 ミッキーチャーム号が見事優勝しました。

4番人気でレースを迎えたミッキーチャーム号は、道中3番手追走から直線での叩き合いを制して優勝。2着馬に1/2馬身差をつけ、初の重賞タイトルを手にしました。
優勝おめでとうございます。

野田 みづき 様のコメント
「前走、中山牝馬ステークスは輸送失敗による惨敗で実力に疑問がつきましたが、今回、見事に好位置から直線抜け出して勝利しました。次のヴィクトリアマイルに向けて頑張るつもりですので、また期待しています」

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

ニュージーランドトロフィー交歓会開催

  • 2019/04/06

4月6日(土)に中山競馬場第11レースで施行されたニュージーランドトロフィー競走の交歓会が行なわれました。

ニュージーランド・レーシングタウランガからはフランク・ヴォスパー会長、ティム・プレストン理事が来場されました。また、駐日ニュージーランド大使館からは、国防武官ジェフリー・ピアス空軍大佐がお見えになり、当協会及び東京馬主協会役員との交歓を行ないました

。西川会長は満開の桜の下で日本とニュージーランドの親交が深められるのは非常に喜ばしいことです、と挨拶され記念品も贈呈いたしました。