Topicsニュース&トピックス

本年の有馬記念プレミアムレセプションパーティーにつきまして

  • 2016/06/28

6月27日(月)にJRAのホームページにて第61回有馬記念公開抽選会を生中継する広報発表がありました。当協会では平成22年より有馬記念を盛り上げるべく「有馬記念プレミアムレセプションパーティー」を実施してまいりました。一般ファンとジョッキー、有馬記念出走関係者が一同に集い、関係者のご協力をいただきながら毎年パーティーを盛大に催し、今では多くの競馬ファンや関係者がこのパーティーの存在を知るまでになりました。

当協会がこれまで育ててきた「有馬記念プレミアムレセプションパーティー」は今年日本中央競馬会が引き継ぐことになりました。

都内ホテルにて厩舎関係者が一堂に会し、有馬記念の枠順(馬番号)の公開抽選を含め、年も来るべき有馬記念を大いに盛り上がるパーティーとなること期待いたします。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(株)G1レーシング 様所有馬 ソルヴェイグ号が函館スプリントステークス優勝

  • 2016/06/19

6月19日(日)函館競馬場で施行されました第23回函館スプリントステークス(GIII・芝1200m)において、当協会会員(株)G1レーシング 様所有馬 ソルヴェイグ号が優勝しました。

12番人気でレースを迎えたソルヴェイグ号は、大外からの発走もスタートからすんなりと2番手に位置取りレースを進めると、最後の直線では叩き合いをハナ差制してレコードタイムで見事優勝。低評価を覆し3月のフィリーズレビューにつづいて2つ目の重賞タイトルを手にしました。
優勝おめでとうございます。

(株)G1レーシング 様のコメント
「スタートが抜群によかったのと、1200mのペースでも騎手と同じリズムで走れたことが大きかったですね。この距離でも十分に戦えることがわかりましたし、レースを振り返ってみても優勝以上に大きな収穫がありました。スプリントシリーズのチャンピオンを目指して次走はキーンランドカップを目指しています」

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(株)ダノックス 様所有馬 ダノンレジェンド号が北海道スプリントカップ優勝

  • 2016/06/09

6月9日(木)門別競馬場で施行されました地方交流重賞の第20回北海道スプリントカップ(JpnIII・ダート1200m)において、当協会会員(株)ダノックス 様所有馬 ダノンレジェンド号が優勝しました。

単勝1.6倍の支持を受け1番人気でレースを迎えたダノンレジェンド号は、スタートから2番手で道中レースを進めると直線では逃げ馬との叩き合いの末、ハナ差先頭に立って優勝。前走の雪辱を果たすとともに、重賞7勝目を挙げました。
優勝おめでとうございます。

(株)ダノックス 様のコメント
「大井で行われた前走の東京スプリントは惜敗しましたが、今回は最後の叩き合いを制し、見事優勝してくれました。これからも交流競走を含め、活躍してくれるものと期待しています」

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

美浦トレーニングセンター会員研修会

  • 2016/06/07

去る6月7日から8日の日程で、美浦トレーニングセンター会員研修会が行われました。

今年は愛馬の調教を早朝から見学するため、美浦トレーニングセンターにある宿泊施設(競馬会館)に前泊する「愛馬見学会」コースを設けました。
夕食会では参加者同士、競馬について語り合い、親交を深めました。
翌日の研修会では、日ごろ疎遠になっている愛馬と触れ合い、施設見学では美浦トレーニングセンター職員からきゅう舎改築工事の説明を受け、モデルきゅう舎として既に完成している二ノ宮きゅう舎を見学しました。
モデルきゅう舎は天井も高く、天窓から差し込む光で全体が非常に明るく感じられました。

夕刻より、成田ビューホテルにて懇親会が開催され、会員同伴・調教師・騎手・JRA関係者約200名が参加し、愛馬の話や恒例の福引抽選会が行われ、大いに盛り上がる中、新人騎手・調教師の紹介もあり、盛況のうちに終了しました。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

里見 治 様所有馬 サトノノブレス号が鳴尾記念優勝

  • 2016/06/04

6月4日(土)阪神競馬場で施行されました第69回鳴尾記念(GIII・芝2000m)において、当協会会員里見 治 様所有馬 サトノノブレス号が優勝しました。

3番人気でレースを迎えたサトノノブレス号は、スタートから道中4番手の好位でレースを進めると、直線残り200m手前で先頭に立ちそのまま押し切って優勝。1分57秒6のコースレコードで4つ目の重賞タイトルを手にしました。
優勝おめでとうございます。