Topicsニュース&トピックス

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(有)サンデーレーシング 様所有馬 フェイムゲーム号が目黒記念優勝

  • 2017/05/28

5月28日(日)東京競馬場で施行されました第131回 目黒記念(GII・芝2500m)において、当協会会員(有)サンデーレーシング様所有馬 フェイムゲーム号が見事優勝しました。

8番人気でレースを迎えたフェイムゲーム号は、道中中団後ろでレースを進めると、直線で外から徐々に追い上げゴール直前で2着馬を1/2馬身交わして優勝。58キロのトップハンデを克服し、2015年のダイヤモンドステークス以来、2年3ヶ月ぶりとなる重賞5勝目を手にしました。
優勝おめでとうございます。

(有)サンデーレーシング 様のコメント
「トップハンデの58kgでしたが、ルメール騎手の手綱さばきに応えて、最後の直線では持ち前の鋭い末脚を繰り出し、見事先頭でゴールしてくれました。ご声援ありがとうございました」

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

祝! JRA通算450勝達成! (株)栄進堂 様

  • 2017/05/27

5月27日(土)東京競馬場で施行されました第9レース(富嶽賞・ダート1400m)において、当協会会員(株)栄進堂 様所有馬 エイシンビジョン号が優勝し、(株)栄進堂 様はJRA通算450勝達成しました。
通算450勝、おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

美浦トレーニングセンター会員研修会

  • 2017/05/17

去る5月17日、美浦トレーニングセンター会員研修会が行われました。

昭和53年に美浦トレーニングセンターが開設以来、愛馬とのふれあいの機会が少なくなった会員の要望をかなえるため、昭和56年より毎年この研修会を実施しており、今年で35回目を迎えました。

今年は美浦トレセンに新しいきゅう舎が完成し、栗東トレセンにはない競走馬のウォーキングマシーンが併設されているきゅう舎もあります。施設見学では、そのウォーキングマシンを導入した小島茂之きゅう舎を見学し、対面式馬房や大型扇風機などを導入している新きゅう舎に会員の皆様も関心を寄せていました。

また夕刻より、ヒルトン成田にて懇親会が開催され、会員同伴・調教師・騎手・JRA関係者200名以上が参加しました。ウイニング競馬でお馴染みのキャプテン渡辺さん、南関東競馬キャスターの田中歩さんの司会進行で新人騎手・調教師の紹介や恒例の福引抽選会が行われ、会長賞では西川会長発案でジャンケン大会が実施され、大いに盛り上がる中、盛況のうちに終了しました。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(株)東京ホースレーシング 様所有馬 レッドファルクス号が京王杯スプリングカップ優勝

  • 2017/05/13

5月13日(土)東京競馬場で施行されました第62回京王杯スプリングカップ(GII・芝1400m)において、当協会会員(株)東京ホースレーシング様所有馬 レッドファルクス号が見事優勝しました。

2番人気でレースを迎えたレッドファルクス号は、道中中団でレースを進め、残り200mを切ったところで馬場中央から抜け出し2着馬に3/4馬身差をつけて見事優勝しました。58キロの斤量を背負い、重馬場ながらも力強い走りで、昨年のCBC賞、スプリンターズステークスにつづく3つ目の重賞タイトルを手にしました。
優勝おめでとうございます。

(株)東京ホースレーシング 様のコメント
「GI馬として良い競馬、良い結果となってホッとしています。ご声援ありがとうございました」

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(有)サンデーレーシング 様所有馬 アエロリット号がNHKマイルカップ優勝

  • 2017/05/07

5月7日(日)東京競馬場で施行されました第22回 NHKマイルカップ(GI・芝1600m)において、当協会会員(有)サンデーレーシング 様所有馬 アエロリット号が見事優勝しました。

2番人気でレースを迎えたアエロリット号は、外枠からの発走も好スタートを決めて馬群先行勢で道中を進めると、4コーナーでは2番手まで進出し残り400mで先頭に立つと、後ろから迫る後続馬を1馬身半差振り切り優勝。これまで重賞は2度の2着があったアエロリット号でしたが、今回見事初の重賞制覇が嬉しいG1タイトルとなりました。また(有)サンデーレーシング様は昨年のメジャーエンブレム号につづき、2年連続のNHKマイルカップ制覇となりました。
優勝おめでとうございます。

(有)サンデーレーシング 様のコメント
「菊沢調教師の本馬を熟知した調整と横山典弘騎手の積極的な騎乗で、本馬も能力を存分に発揮することができました。ご声援ありがとうございました」