Topicsニュース&トピックス

田中 昇様所有馬 ティアップワイルド号が兵庫ゴールドトロフィー優勝

  • 2012/12/26

12月26日(水)園田競馬場で施行されました交流重賞・第12回兵庫ゴールドトロフィー(JpnIII・ダート1400m)において、当協会会員田中 昇様所有馬 ティアップワイルド号が見事優勝しました。

3番人気でレースを迎えたティアップワイルド号は、好スタートからハナを奪うとそのまま後続を引き連れレースを進め、最後の直線に入っても脚色は衰えず2番手以下を引き離し、2着に3馬身半差をつけ逃げ切りVを収めました。
愛馬の勝利に田中様は「前走のカペラSで優勝できなかった分、がんばってくれたと思います。それに一線級の競走馬を相手に1,400mで走ってくれたのは大きいです。これまでは1,200mでがんばってくれていたので、この馬の新たな面を見ることができて嬉しく思います」と、愛馬のさらなる活躍に期待を寄せました。
ティアップワイルド号は、重賞初制覇となります。優勝おめでとうございます。


(株)栄進堂様所有馬 エーシンモアオバー号が名古屋グランプリ優勝

  • 2012/12/24

12月24日(月)名古屋競馬場で施行されました交流重賞・第12回名古屋グランプリ(JpnII・ダート2500m)において、当協会会員(株)栄進堂様所有馬 エーシンモアオバー号が見事優勝しました。

3番人気でレースを迎えたエーシンモアオバー号は好スタートを決めると、最終コーナーで先頭を奪いそのまま後続に1/2馬身差をつけレコード勝ちを収めました。10度目のチャレンジで重賞初制覇を成し遂げました。優勝おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

笹原 貞生様所有馬 マーベラスカイザー号が中山大障害優勝

  • 2012/12/22

12月22日(土)中山競馬場で施行されました第135回中山大障害(J・GI・芝4100m)において、当協会会員笹原 貞生様所有馬 マーベラスカイザー号が見事優勝しました。

J・GI初挑戦で3番人気でレースを迎えたマーベラスカイザー号は、終始安定した飛越でレースを進め、3コーナー手前から徐々に進出。4コーナーでの最終障害で先頭に立つと、そのまま力強く後続を振り切り2着に3馬身差をつけ完勝し、J・GIのタイトルを手にしました。

マーベラスカイザー号の父マーベラスサンデー、母マーベラスウーマンは、両馬とも笹原 貞生様の愛馬。「厩舎からは勝てそうだと聞いてはいましたが、相手もそうそうたるメンバーが揃っていて、やってみないとわからないなと思っていました。今回、私の想像以上に走ってくれ、大変嬉しく思っています」(笹原様)と、両馬の血を受け継いだマーベラスカイザー号の勝利はとても嬉しい勝利となりました。
マーベラスカイザー号は重賞初制覇。障害に転向後、抜群の安定感を魅せ来年以降もさらなる活躍が期待されます。優勝おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

有馬記念プレミアムレセプションパーティー開催

  • 2012/12/17

12月17日、東京・ホテルニューオータニ「鶴の間」にて、「第3回有馬記念プレミアムレセプションパーティー」を開催いたしました。
出走予定馬の馬主、調教師、騎手などの競馬関係者、一般ファン、自由民主党 競馬推進議員連盟 最高顧問・森喜朗様、自由民主党橋本聖子様、JRA土川健之理事長などたくさんの方々にお集まりいただきました。また、当協会主催によるこの1年で世の中を最も楽しませ感動させた個人や団体を選ぶ「FUN OF THE YEAR 2012」に、オリンピック金メダリストで国民栄誉賞を受賞された吉田沙保里選手が選ばれ授賞式を行いました。1989年国民栄誉賞を受賞された九重親方より記念の盾を贈呈。またスペシャルゲストにアントニオ猪木さんが登場し、騎手の皆さまと壇上にて会を盛り上げていただきました。

ご来場者へ貴重なグッズがあたるプレミアム抽選会では、出走予定馬の馬主の皆さまをはじめ、会員の皆さま、JRA(中山競馬場)、馬主協会、調教師、騎手など競馬関係者の皆さまから多数の貴重なグッズをご提供いただきました。心より厚く御礼を申し上げます。


(株)栄進堂様所有馬 エーシンメンフィス号が愛知杯優勝

  • 2012/12/15

12月15日(土)中京競馬場で施行されました第50回愛知杯(GIII・芝2000m)において、当協会会員(株)栄進堂様所有馬 エーシンメンフィス号が見事優勝しました。

7番人気でレースを迎えたエーシンメンフィス号は、スタート後に先頭に立つと、そのままマイペースでレースを引っ張る展開に持ち込み、直線ではさらに後続を突き放し2着に1馬身半差をつけて逃げ切りVを飾りました。
エーシンメンフィス号は3連勝で重賞初制覇を成し遂げました。優勝おめでとうございます。


(株)ロードホースクラブ様所有馬 ロードカナロア号が香港スプリント優勝

  • 2012/12/09

現地時間12月9日(日)香港・シャティン競馬場で施行されましたロンジン香港スプリント(香GI・芝1200m)において、当協会会員(株)ロードホースクラブ様所有馬 ロードカナロア号が見事優勝しました。

レースは12頭立てで行われ、3番人気でレースを迎えたロードカナロア号は、スタート直後から好位でレースを進めると、最後の直線では残り200mで先頭に立ち、そのまま後続との差を2馬身1/2広げて完勝しました。勝ちタイムは1分08秒50。日本馬による香港スプリント制覇はロードカナロア号が初めてとなり、圧巻のレース内容で短距離王の強さを世界へアピールしました。

「今まで数多くのJRA所属サラブレッドが日本の競馬レベルを世界に伝えて来ました。その歴史に名を刻めたのかな…と思うと一言では表わせぬほど光栄に存じます。会員の方々を含む皆様には本当に感謝の気持ちで一杯。そして、今後も一緒にロードカナロア号の成長を見守って行きたいです。ありがとうございました」と(株)ロードホースクラブ様は愛馬の歴史的快挙を讃えました。
優勝おめでとうございます。


祝! 通算30勝達成! 東 哲次様

  • 2012/12/08

12月8日(土)中京競馬場で施行されました第4レース(3歳500万下・ダート2500m)において、当協会会員東 哲次様所有馬 アズマリュウセイ号が見事優勝し、東 哲次様は通算30勝を達成いたしました。

節目の勝利に東様は「馬主となって競走馬を走らせ、中央競馬で通算30勝を達成したと聞いて、大変嬉しく感動で胸がいっぱいです。今後も一つ一つ勝利を積み重ねていきたいと思います」と喜びのコメントを寄せました。
通算30勝、おめでとうございます。


(株)東京ホースレーシング様所有馬 レッドクラウディア号がクイーン賞優勝

  • 2012/12/05

12月5日(水)船橋競馬場で施行されました交流重賞・デイリー盃第58回クイーン賞(JpnIII・ダート1800m)において、当協会会員(株)東京ホースレーシング様所有馬 レッドクラウディア号が見事優勝しました。

6番人気でレースを迎えたレッドクラウディア号は、スタート直後から果敢に先行し馬群を引っ張ると、直線ではさらに加速し2着に4馬身差をつけ快勝しました。
愛馬の勝利に(株)東京ホースレーシング様は「久々のレースで人気もなかったのですが、終わってみれば強い競馬で優勝してくれました。石坂調教師をはじめ、最高の状態で出走させてくれた厩舎関係者の方々に感謝しています。来年以降も期待していきたいと思っています」とさらなる飛躍に期待を寄せました。
レッドクラウディア号は重賞初制覇となります。優勝おめでとうございます。