【第2回】クラブ法人を始めようと思ったきっかけ
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中!
この私が切り込み隊長となって馬主、調教師、騎手に話を伺う『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。

DMMドリームクラブ 野本取締役へのインタビュー2回目は、クラブ法人を始めたきっかけを中心にお話を伺いました。

クラブ法人を始めようと思ったきっかけ

野本取締役がクラブ法人を始めようと思ったきっかけとは...

渡辺:DMM BANUSYは2017年にスタートが切られました。今でも覚えているのですが、ネットビジネスに長けているDMMがクラブ法人を始める、しかもディープインパクト産駒の超良血馬もラインナップに揃え、1万円から一口で購入できるなどなど、業界内外にも相当なインパクトを与えましたよね。

野本:こういうサービスが今までになかったことも、注目された要因のひとつかと思っています。

渡辺:もともと野本さんご自身も一口馬主をされていたりしたのですか?

野本:いえ、私はそれまで一口馬主をしたことはありませんでした。

渡辺:それは意外でした。一口は持っていないけど、以前からの熱烈な競馬ファンだったりとかですか?

野本:そこまで熱狂的なファンではなかったですね。競馬を最初に見たのはメジロマックイーンが現役時代のころでしたけど、当時は今より競馬がメジャーでしたし、特にコアなファンというわけではなかったです。

渡辺:だとすると、クラブ法人を始めようと思われたのはどういうきっかけからですか?

野本:個人馬主を長年つづけている友人と一緒に食事していたときに、友人が自分の馬が土日で8レース出るからと言ってスマートフォンに送られてくる情報を見ながら、馬のことを話していたんですね。

渡辺:まるでリアルなダビスタですね(笑)。

野本:その友人はずっと馬主をつづけているから、馬を何頭も所有していて毎週のように自分の馬がレースに出ている。私はそういう経験をしたことがないからとても新鮮でしたし、それを多くの方に提供できないかと考えました。

他のクラブへの対抗心は?

「より多くの方により多くの出走機会を提供したい」(野本)

渡辺:でもそこからクラブ法人を始めようとはなかなか思いつかないと思うんですが...。

野本:友人に話を聞くと、投資効率としてはあまり良くないということで、それでも馬主を長くつづけられている方が多いとのことでした。

渡辺:北島三郎さんは馬主になられてから50年近くかけて、ようやくキタサンブラックと巡り逢っていますものね。

野本:ビジネスの観点でいくと、投資効率が期待できない事業はためらうのですが、逆転の発想で馬を持つということには利益や損得とは違う何かがあるのではないか、私はそれを体験していないしそれを多くの人に提供してみたい、そう思ってスタートをしたのがDMM BANUSYです。

渡辺:募集口数を1万口とびっくりするくらい増やして、一口あたりの金額を下げました。他のクラブ法人への対抗や価格破壊しようという狙いもあったのですか?

野本:それはないです。価格を下げることで、お客様が複数頭購入しやすい環境を提供しようとしたのが狙いでした。出走機会が多い方が良いと思ったので、極端な話、興味を持っていただいた方が、全頭を一口持てるような価格帯にしました。

渡辺:なるほど。どの馬を買うか迷うのではなく、全部買うという方法もありますね。

野本:他クラブ様よりも口数を多くして単価を低くし、より多くの方により多くの出走機会を提供することを目指しています。

渡辺:毎年全頭の一口買えば、所有馬も増えて、毎週どれかしらの馬が出走するというようなことにもなりそうですね。

野本:そういう体験を提供できれば理想ですね。


DMMドリームクラブ 野本取締役に聞くキャプテン渡辺のここだけの話

Q.DMM BANUSYの企画はどのようにして社内で進んでいったのですか?
A.まず会長に口頭で企画を説明しました。(野本取締役)

渡辺:企画を会長へプレゼンしたときの反応はいかがでしたか?

野本:こういうシステムはまだ見当たらないので面白そうということでしたね。


以下、次回につづきます

野本巧:DMMドリームクラブ株式会社取締役。クラブ法人DMMドリームクラブが競走馬を所有し、2017年よりDMM BANUSYの運営開始。初年度の募集馬キタノコマンドールは皐月賞、ダービーとクラシック出走。2年目の募集馬ラヴズオンリーユーがオークス制覇し同法人重賞初制覇。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。
※この記事は 2019年8月16日 に公開されました。
中野 栄治 さん
佐藤 伝二 さん、佐藤 万寿雄 さん
長谷川 雄啓 さん
団野 大成 騎手
JRA競馬学校 小林 淳一 教官・阿部 尊留 教官
吉田 豊 騎手
武 豊 騎手
福永 祐一 騎手
石川 裕紀人 騎手
永島 まなみ 騎手
古川 奈穂 騎手
おがわじゅり さん
丸田恭介 騎手
栗田徹 調教師
チャクイウ・ホー騎手
ミカエル・ミシェル騎手
今村聖奈 騎手
山田弘オーナー
小堺翔太 さん
早見和真 さん
ジャングルポケット 斉藤慎二さん
金子光希 騎手
畠山吉宏 調教師
弥永明郎さん
山本潤 さん
大塚海渡 騎手・小林凌大 騎手・菅原明良 騎手
小手川準 調教師・深山雅史 調教師・宮田敬介 調教師
DMMドリームクラブ 野本 巧 取締役
松岡正海 騎手
田中歩 さん
大竹正博 調教師
萩原清 調教師
五十嵐雄祐 騎手
国枝栄 調教師
木村哲也 調教師
手塚貴久 調教師
稲垣幸雄 調教師・加藤士津八 調教師
藤田菜七子 騎手
カンニング竹山 さん
山田敬士 騎手
戸崎圭太 騎手
加藤征弘 調教師
内田博幸 騎手
石橋脩 騎手
(株)G1レーシング 吉田正志代表
尾関知人 調教師
東京サラブレッドクラブ 西川哲社長
木幡育也 騎手・武藤雅 騎手・横山武史 騎手
田中博康 調教師・林徹 調教師・和田勇介 調教師
藤澤和雄 調教師
菊沢隆徳 調教師
(有)サンデーレーシング 吉田俊介代表
ゴルゴ松本さん
松木安太郎さん
山田弘オーナー
西川賢会長 x 里見治オーナー

×