【第1回】王者としてのローテーション
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中!
この私が切り込み隊長となって馬主、調教師、騎手に話を伺う『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。
今回は、レッドファルクスでスプリンターズステークス二連覇を達成した東京サラブレッドクラブ 西川哲社長、また特別ゲストとして一口クラブのあり方に深い関心を寄せクラブ運営を応援している山本英俊オーナーにお越しいただきました。

レッドファルクス二連覇達成

史上3頭目のスプリンターズステークス連覇を達成したレッドファルクス

キャプテン渡辺(以下、渡辺):今回は、東京サラブレッドクラブ 西川社長と山本オーナーにお越しいただきました。さっそくですが、スプリンターズステークスでのレッドファルクス、強かったですね。あの位置から届くとは思いませんでした。

東京サラブレッドクラブ 西川哲社長(以下、西川):夏休み明けをしっかり仕上げていただいた尾関調教師やスタッフの皆さん、また山元トレセンの方々にも愛情のこもったお世話をいただきました。デムーロ騎手の神業のような騎乗技術もファルクスをアシストしてくれました。こうした積み重ねでたどり着いた二連覇だけに重みも感じています。

渡辺:レース前に連覇できる手応えはあったのですか?

西川:状態については尾関先生からいいと伺っていましたし、安田記念から休養を挟んでじっくりと調整してきましたから。ただ競馬のことですから、レース中になにが起こるかわからないですし、こればかりは走ってみないことにはですね。

渡辺:勝ったときの素直なお気持ちをお聞かせいただけますか?

西川:それはもう嬉しかったですよ。ゴールの瞬間は頭が真っ白になりました。応援に駆け付けてくださった会員の皆さんと手を取り合い、肩を抱き合って喜びを分かつことができました。クラブ冥利に尽きる幸せな時間でしたね。

渡辺:G1を勝つというのは、特別なことですか?

西川:会員さんに喜んでいただけるのが何よりですね。ファルクスの場合は順調なばかりではなく苦労も多かった馬ですから、繰り返しになりますが、尾関先生やスタッフの皆さん、それから牧場の方々に手厚いケアをいただいて、健康に丈夫に走って人を幸せにしてくれる理想のサラブレッドに育ってくれました。それを辛抱強く見守っていただいた会員さんにとっては喜びも二倍、三倍だったと思います。おめでとうございます、それから、ありがとうございます。この言葉に尽きますね。

山本英俊オーナー(以下、山本):多くの同好の仲間と素直に喜び合える、そこが一口クラブの良さですね。競馬というスポーツが本来持つ楽しさや喜び、例えば愛馬が無事に完走し終えたときの得も言われぬ感動や満足感、幸運にも勝利に恵まれたときの幸福感や達成感などが、1人よりは400人の方が連帯感の絆も生まれてずっと大きくなります。それがG1であればなおさらです。ファルクスのスプリンターズステークスで、皆さんは一口クラブの醍醐味を満喫されたのではないでしょうか。

王者としてのローテーション

前人未到の三連覇に期待がかかるレッドファルクス

渡辺:スプリンターズステークスがG1になってから連覇した馬はサクラバクシンオー、ロードカナロア、それからレッドファルクスと史上3頭だけなんですよね。世界の頂点に君臨したタイキシャトルですら連覇を阻まれています。

山本:スプリンターズステークスを三連覇した馬は、まだいないですよね?

渡辺:いないですね。

山本:それであれば、次の目標としてはスプリンターズステークス三連覇がいいのではないでしょうか。

西川:それは壮大で、夢があっていいですね。レッドファルクスにとっても挑戦しがいのある偉業ですね。

渡辺:次の目標はスプリンターズステークス前人未到の三連覇!これはいいですね。

西川:あくまでも馬の状態と相談しながらですが、レッドファルクスの来季の最大目標はスプリンターズステークス三連覇としてください(笑)。

以下、次回につづきます。

東京サラブレッドクラブ 西川哲代表取締役社長:1968年5月生まれ。プロゴルファー。株式会社東京サラブレッドクラブの社長を務める。兄は中山馬主協会会長の西川賢氏。主な代表馬にレッドディザイア(2009年秋華賞優勝)、レッドリヴェール(2013年阪神ジュベナイルフィリーズ優勝)、レッドキングダム(2014年中山大障害優勝)、レッドファルクス(2016、2017年スプリンターズステークス優勝)
山本英俊オーナー:1955年10月生まれ。フィールズ株式会社 代表取締役会長。個人馬主として馬を所有。主な代表馬にスピルバーグ(2014年天皇賞(秋)優勝)、カジノドライヴ(2008年ピーターパンステークス優勝)、ペルーサ(2010年青葉賞優勝)など。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。
※この記事は 2017年11月3日 に公開されました。
中野 栄治 さん
佐藤 伝二 さん、佐藤 万寿雄 さん
長谷川 雄啓 さん
団野 大成 騎手
JRA競馬学校 小林 淳一 教官・阿部 尊留 教官
吉田 豊 騎手
武 豊 騎手
福永 祐一 騎手
石川 裕紀人 騎手
永島 まなみ 騎手
古川 奈穂 騎手
おがわじゅり さん
丸田恭介 騎手
栗田徹 調教師
チャクイウ・ホー騎手
ミカエル・ミシェル騎手
今村聖奈 騎手
山田弘オーナー
小堺翔太 さん
早見和真 さん
ジャングルポケット 斉藤慎二さん
金子光希 騎手
畠山吉宏 調教師
弥永明郎さん
山本潤 さん
大塚海渡 騎手・小林凌大 騎手・菅原明良 騎手
小手川準 調教師・深山雅史 調教師・宮田敬介 調教師
DMMドリームクラブ 野本 巧 取締役
松岡正海 騎手
田中歩 さん
大竹正博 調教師
萩原清 調教師
五十嵐雄祐 騎手
国枝栄 調教師
木村哲也 調教師
手塚貴久 調教師
稲垣幸雄 調教師・加藤士津八 調教師
藤田菜七子 騎手
カンニング竹山 さん
山田敬士 騎手
戸崎圭太 騎手
加藤征弘 調教師
内田博幸 騎手
石橋脩 騎手
(株)G1レーシング 吉田正志代表
尾関知人 調教師
東京サラブレッドクラブ 西川哲社長
木幡育也 騎手・武藤雅 騎手・横山武史 騎手
田中博康 調教師・林徹 調教師・和田勇介 調教師
藤澤和雄 調教師
菊沢隆徳 調教師
(有)サンデーレーシング 吉田俊介代表
ゴルゴ松本さん
松木安太郎さん
山田弘オーナー
西川賢会長 x 里見治オーナー

×