ゲスト 吉田 豊 騎手

01. 東のユタカ、初見参! メジロドーベルとパンサラッサを語る

東のユタカ、初見参! メジロドーベルとパンサラッサを語る
競馬ファンを笑いの渦に突き落とす(?)、キャプテン渡辺が贈る『WINNER’S CIRCLE』。
福永祐一から武豊へと繋がったバトンを受け取るのは…パンサラッサとともに、1着賞1000万ドルという世界最高の賞金を誇るサウジCを制した吉田豊騎手。
各馬ゲートにおさまり、いよいよ、スタートだ!

名牝、メジロドーベルの背中

――みなさん、お待たせしました! レジェンド武豊騎手に続く51回目のゲストは…東のユタカ。パンサラッサとともに、世界最高の1着賞金1000万ドルを誇るサウジCを制した、吉田豊騎手の登場ですッ!! さぁ、拍手でお迎えください!!

吉田豊もう、やめてくださいよ。そういう派手なのは僕には似合わないし、苦手なんですから(苦笑)。

――いや、でも、本当におめでとうございます。

吉田豊ありがとうございます。うまくゲートを出てくれるか。初めてのダートはどうなのか……いろいろ心配もありましたが、そのすべてを跳ね返し、パンサラッサが最高の競馬をしてくれました。

――さらに突っ込んでパンサラッサのことを聞く前に、吉田豊騎手といえばやっぱり、名牝メジロドーベルです。

吉田豊デビュー3年目で、あんなすごい馬に乗せていただけたのは、ラッキー以外の何物でもないし、師匠・大久保洋吉先生には、どれだけ感謝しても、し足りないほどです。

――最近は、デビューしていきなり活躍する新人ジョッキーが出てきていますが、デビュー3年目で名馬と出会い、GⅠを5つも勝つというのは、もう、すごい! としか言いようがありません。

吉田豊“縁”とか“運命”とかいう言葉を超えた奇跡……たまたま、メジロドーベルが大久保先生の厩舎に入ってきて、自厩舎の馬、ほぼ全馬に僕を乗せてくれるという先生だった……というのがすべてです。

――21歳の若さで、名馬の背中を知るというのは、ものすごい財産ですよね。

吉田豊本当にそう思います。
最初の頃は、それまで乗せていただいた馬とは、なんか、ちょっと違うぞという感じしか持っていなかったんですけど、乗れば乗るほどドーベルの凄さがわかってきた感じで。

――そうか、そういう感じだったんですね。

吉田豊デビューから21戦、ドーベルが走ったすべてのレースに僕が乗り、獲得したGⅠタイトルは5つ――結果だけをみるとそうですが、でも、大久保先生じゃなかったら、チューリップ賞、桜花賞と続けて負けた時点で、他の騎手に乗り替わっていても不思議じゃないというか、それが普通で。それでも、先生が僕を乗せてくださったので、今の僕がある――それは間違いないです。

殻を破ったパンサラッサの強さ

――メジロドーベルの次は、パンサラッサです。吉田豊騎手がはじめてコンビを組んだのは、パンサラッサの17戦目、21年10月17日、東京競馬場を舞台にした、リステッド競走、オクトーバーSでした。

吉田豊休み明けのレースで、チャンスはあるだろうなとは思っていましたが、正直、あのときは、ここまでの馬になるとは思っていませんでした。勝つには勝ちましたが、最後はフラフラしていましたからね。よく頑張ってくれたなという感じで。

――ん!? これは……もしかして? と思ったのは?

吉田豊オクトーバーSの次、11月14日の福島記念のレースです。

――でも、福島記念でパンサラッサの手綱を取ったのは、吉田騎手じゃなくて、菱田裕二騎手でしたよね。

吉田豊そうです。僕はあのレース、小手川先生のところのヒュミドールに乗せていただいて。前半から、結構、前がガリガリやり合っていたので、我慢していれば、直線でみんな落ちてくるだろうなと思っていたんです。

――ところが、でした。

吉田豊そう、なんですよ(苦笑)。
ペース的に、先行集団にとって相当厳しく、実際、他の馬はみんな下がってきたのに、一頭だけ、パンサラッサだけは、脚色が衰えるどころか、逆に力強く伸びて、さらに差を広げられてしまって。「えっ!? 嘘だろう?」という感じだったんです。

――休み明けをひと叩きされて馬が変わっていた?

吉田豊もちろん、それもあると思いますけど、それだけじゃない、本物の片鱗……馬に身が入ったというか、一本芯が通ったような印象でした。

――そして再び、吉田騎手がパンサラッサとコンビを組んだのが、有馬記念(13着)を挟んだ、22年2月の中山記念です。

吉田豊レース当日、矢作(芳人)先生は、海外に出掛けていていませんでしたが、前もって、「強気でいって欲しい」という指示をいただいていて。プラン通りの競馬ができたと思います。
最後、後続に詰められ、2馬身半差の決着でしたが、最後まで余裕があったし、他のジョッキーも、「つかまえられる気が全然、しなかった」と言っていたので、文字通り、完勝のレースだったと思います。

――吉田騎手だけが知っている、名馬メジロドーベルの背中と比べると?

吉田豊タイプが違うので、メジロドーベルと同じ定規では測れません。でも、普通の逃げ馬じゃない。何か特別なものを持っている馬だというのは感じましたね。

歓喜の瞬間

――パンサラッサのすごさを世界に見せつけたのは、22年3月のGⅠドバイターフです。

吉田豊はじめての海外、はじめてのナイター競馬という影響があったのか、思ったほど馬が行かずに、ゆったりとした流れになってしまいましたが、最後はすごい根性を見せてくれましたね。

――ほぼ3頭同時にゴールし、結果は、パンサラッサとロードノースが1着同着で優勝を分け合うという歴史に残る大激戦となりました。

吉田豊最後は、ドキドキものでした。いま、思い出しても、勝てて嬉しいというより、勝ててホッとしたという気持ちが強かったような気がします。

――さぁ、そして、いよいよ話は、今回のインタビューの核心となる、サウジCです。レース前、ダートを心配する声があったのは耳に入っていましたか。

吉田豊パンサラッサがダートを走ったのは1回(20年12月12日師走S)だけで、結果も良くなかった(11着)のは知っていました。
でも、矢作先生も言っていたように、日本のダートとはまるで違う馬場なので、それほど心配していなかったというか、僕が心配してもしょうがないことなので、“この馬の競馬をしよう”と、それだけを考えていました。

――直線、後ろから馬が来ているのは?

吉田豊世界一の称号をかけたレースですから、すんなり行くはずがないのはわかっていたし、後ろから馬が来ているのも知っていました。
ただ、パンサラッサは、二枚腰を使うことができる馬なので、行けるはずだ、行ける、行ってくれと心の中で叫んでいました(笑)。

――ゴールした瞬間は?

吉田豊もう、最高でしたね。あの日のことは、レースも含めて、一生忘れられない、忘れることのできない、最高の1日になりました。

――もう一丁! と臨んだ3月25日のドバイワールドCは、残念な結果(10着)に終わってしまいましたが。

吉田豊15番という枠順もそうですが、海外陣営も含めて、パンサラッサをすんなり逃したらまずいぞ…という雰囲気があって。向正面でひとつ息を入れることができていれば、もう一踏ん張りできたと思うのですが、息を入れる間もなく、どんどん、後ろからせりかけられてしまって…パンサラッサにとっては厳しいレースになってしまいました。

――でも、まぁ、あれはあれ、それはそれです。気持ちを切り替えて、たっぷりと休養を取って、秋は、世界へ再チャレンジですね。

吉田豊おそらく現役は今年いっぱいだろうということで、秋のプランに関しても僕はまだ何も聞いていませんが、乗せていただけなら、もう一度、パンサラッサの走りを、世界の競馬ファンに見せつけたいというのは、当然、あります。

(構成:工藤 晋)

よしだ・ゆたか
1975年4月19日生まれ 茨城県出身
1994年3月にデビュー。
メジロドーベルとのコンビで5冠を制覇。
西の武豊に対し、“東のユタカ”と称された。
今年、2月26日、パンサラッサに騎乗してサウジCを制覇した。

キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。YouTubeで競馬予想更新中

※この記事は 2023年4月20日 に公開されました。
中野 栄治 さん
佐藤 伝二 さん、佐藤 万寿雄 さん
長谷川 雄啓 さん
団野 大成 騎手
JRA競馬学校 小林 淳一 教官・阿部 尊留 教官
吉田 豊 騎手
武 豊 騎手
福永 祐一 騎手
石川 裕紀人 騎手
永島 まなみ 騎手
古川 奈穂 騎手
おがわじゅり さん
丸田恭介 騎手
栗田徹 調教師
チャクイウ・ホー騎手
ミカエル・ミシェル騎手
今村聖奈 騎手
山田弘オーナー
小堺翔太 さん
早見和真 さん
ジャングルポケット 斉藤慎二さん
金子光希 騎手
畠山吉宏 調教師
弥永明郎さん
山本潤 さん
大塚海渡 騎手・小林凌大 騎手・菅原明良 騎手
小手川準 調教師・深山雅史 調教師・宮田敬介 調教師
DMMドリームクラブ 野本 巧 取締役
松岡正海 騎手
田中歩 さん
大竹正博 調教師
萩原清 調教師
五十嵐雄祐 騎手
国枝栄 調教師
木村哲也 調教師
手塚貴久 調教師
稲垣幸雄 調教師・加藤士津八 調教師
藤田菜七子 騎手
カンニング竹山 さん
山田敬士 騎手
戸崎圭太 騎手
加藤征弘 調教師
内田博幸 騎手
石橋脩 騎手
(株)G1レーシング 吉田正志代表
尾関知人 調教師
東京サラブレッドクラブ 西川哲社長
木幡育也 騎手・武藤雅 騎手・横山武史 騎手
田中博康 調教師・林徹 調教師・和田勇介 調教師
藤澤和雄 調教師
菊沢隆徳 調教師
(有)サンデーレーシング 吉田俊介代表
ゴルゴ松本さん
松木安太郎さん
山田弘オーナー
西川賢会長 x 里見治オーナー

×