ゲスト ミカエル・ミシェル騎手

02. もしも私が馬だったら!? 扱いにくくて、面倒臭い馬です(笑)

もしも私が馬だったら!? 扱いにくくて、面倒臭い馬です(笑)
ミカエル・ミシェル騎手をゲストに招き、アメリカでの新生活から日本競馬への思い、将来の夢…について語ってもらったキャプテン渡辺のWINNER’S CIRCLE。今回のテーマは…ミシェル騎手のプライベート!
今年1月、自身のインスタグラムで結婚していたことを発表し、周囲を驚かせたミシェル騎手のいまは?

祝! 結婚!!

ーー遅くなりましたが、結婚おめでとうございます!

ミシェルアリガトウゴザイマス! 本当は、昨年、日本で皆さんにご報告するつもりでしたが、コロナ禍で日本に行けなくなってしまって…ゴメンナサイ。

ーーご主人…元騎手で、22歳年上のフレデリック・スパニュ氏との生活はいかがですか?

ミシェル楽しいですよ。私は、結婚したからといって何かを変えたいとは思わないし、むしろ、変えない方がいいと思っているので、結婚する前も、結婚した後も、同じように楽しんでいます。

ーー結婚生活で、特に気をつけていることがあったら、教えてください。いつか、僕も結婚したいと思っているので(笑)。

ミシェル同じ毎日の繰り返しではなく、日々の生活に変化をつけること…かな。私たちの場合は、レストランやカラオケに行ったり、友人と会ったりすることで、刺激をもらっています。あとは…相手を思いやり、尊重して、喜ばせること。私はそれを大切にしているし、彼も私に対してそうしてくれています。

ーーカラオケ!? アメリカにもあるんですか?

ミシェル ありますよ。一度、日本の友達が、『アナと雪の女王』を日本語バージョンで歌ってくれて。日本語の響きがとても綺麗で、すごく素敵でした。

ーーインスタには、ミシェル騎手がお姫様抱っこされている写真をアップされていましたが、もしかして…プライベートのミシェル騎手は、お姫様気質ですか?

ミシェルう〜〜〜〜ん、どうでしょう(笑)。最近の牝馬は、プライドの高い、プリンセスのような性格の仔が増えて来ているような気がしますが…そうですね、もしも、私が馬だったら、扱いにくい馬…すごく面倒臭い馬だと思います(苦笑)。

ーーそういう馬の方が、レースでは強かったりしますが(笑)。

ミシェルそうですね。だから私は馬だったら、すごく強い馬になれると思います。勝つのが好きだし、負けるのが大嫌いですから(笑)。

馬の幸せ

ーー先ほど、最近の牝馬は、プリンセス気質の仔が増えているような気がする…とおっしゃいましたが、牡馬はどうですか?

ミシェル牡馬も、牝馬も、一頭、一頭、みんな違うので、一括りにはできないんですけど。実際、私も、牡馬と同じような筋肉を持った牝馬に乗った経験もありますから。でも、大きく分けると、女の仔は、真面目で、プリンセス的な仔が多いのに対して、男の仔は、遊び好きで、やんちゃな仔が多いと思いような気がします。

ーーなんだか、人間と似ているような(苦笑)。

ミシェルそうですね。似ていると思います。ただ、人間は、ひとり、ひとり違うように、馬にもそれぞれ個性があって。臆病な仔もいれば、イケイケの仔もいて。私自身は、そこに魅力を感じているし、魅了されています。

ーー女性騎手の方が牝馬の気持ちがわかる…ということが、あったりしますか?

ミシェルそれはないと思います。ジョッキーもそれぞれ違いますから。私の友人の女性騎手は、牡馬の方が乗りやすいと話していて。実際に、牡馬に乗った時のほうがいい結果を残していますから。

ーーミシェル騎手は?

ミシェル私ですか? 私は、強い性格で、気位の高いプリンセス気質の女の仔のほうが好きです。

ーーミシェル騎手と同じような?

ミシェルそう…ですね(苦笑)。

ーーこれは、もしも…の話しですが。もしも、馬がひとつだけ質問に答えてくれるとしたら、ミシェル騎手は、どんな質問をしますか?

ミシェルひとつだけ…ですか…。う〜〜〜〜〜ん、それは、難しいですね。そうですね、ひとつだけなら、「幸せですか?」と尋ねたいです。

ーー?????

ミシェル私は自分でジョッキーという仕事を選択しましたが、馬は自分が競走馬になりたくなったわけじゃないので。それでも、たくさんの愛情を注がれ、多くの人に期待され、注目され、速く走るという馬が持っている本能で全力を出し切り、みんなに祝福される――それを幸せだと感じてくれていたらいいなと思います。

(構成:工藤 晋)

ミカエル・ミシェル Mickaelle Miche:1995年7月15日フランス生まれ。14年にフランスで騎手免許を取得。落馬負傷により約1年半もの間、戦線離脱を余儀なくされたものの、見事に復活。18年には、72勝をマークし、フランスの女性騎手最多記録を大きく更新するなど、自らの手で世界への扉をこじ開けた。19年8月、札幌競馬場で行われたWASJ出場のため初来日。地方帰競馬の短期免許を取得し30勝をマーク。22年5月から活動拠点をアメリカ・ケンタッキー州に移した。

キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。YouTubeで競馬予想更新中

※この記事は 2022年7月17日 に公開されました。

×