【第2回】憧れのジョッキーは?
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧の私が切り込み隊長となって馬主、調教師、騎手に話を伺う『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。

今村聖奈騎手へのインタビュー2回目。今回は競馬学校での様子や、憧れの騎手について話を伺いました。

※ インタビューは、オンラインで行いました。

競馬学校のこと

今村騎手の勢いにキャプテンもタジタジ

渡辺:競馬学校の生活はどうでしたか? 上下関係とか厳しそうですね。

今村:最初のころは厳しさも感じたけど、先輩後輩の立場や礼儀は学校を卒業して社会人になったら必要不可欠なことですから気にはならなかったです。

渡辺:つらくて泣いたりしたことはありますか?

今村:入ってすぐホームシックで泣く子もいるみたいだけど、私は同じ中学の大河や友雅と一緒だったので平気でした。それよりも騎乗試験でいつも大河が1位で私が2位で、それがすごく悔しくてつらくて。

渡辺:男子とは力も違うし、2位でもすごいことだと思んですが...。

今村:私は女子だからっていう目で見られるのがとても嫌なんです。だからどんなに気難しい馬にあたっても「それでいきます」と言って、真っ向勝負して評価を得るようにしてきました。それでも卒業するまでずっと2位だったから、デビューしたら絶対に1番に立ちたい、同期だけじゃなくて騎手の世界で少しでも上を目指したいという思いがいまは強いです。

渡辺:15、6歳のころって多感な年頃じゃないですか。外でみんなと遊びたいって思わなかったですか?

今村:中学の同級生とたまに連絡すると、「みんな青春してるなぁ、競馬学校には青春はないのかなぁ」って思ってました(笑)。

渡辺:年頃だし、そう思うのも自然だよね。

今村:いま考えれば、競馬学校の学校生活も青春だったなぁって思います。同期で女子は私一人だったし、ジョッキーを目指す人が競馬学校に入ってきて、プライドが高くて負けず嫌いが集まる中で負けたくないという気持ちもあったし、難しい課題のときはお互いに励まし合って乗り越えて、私なりに青春してたなって思います(笑)。

渡辺:デビューしてからも同期とは連絡とったりしてるんですか?

今村:レースに勝ったらお互いお祝いしたりしますね。自分がレースに乗ってないときは応援したり、悩んでいたら互いに手を差し伸べ合ったり、互いに刺激し合えるライバルって感じです。

憧れのジョッキーは?

ゲートの隣に武騎手が。「かっこいい」(今村騎手)

渡辺:憧れのジョッキー、目指しているジョッキーは誰ですか?

今村:武豊騎手と福永祐一騎手です。豊さんは競馬を見ない人でも知っている存在ですし、騎乗フォームもすごく綺麗だし、トレセンに遊びに行っていたころからいつも笑顔で紳士に挨拶してくださってました。私にとって雲の上の存在ですね。祐一さんは競馬に対する探究心は刺激になるし、競馬への姿勢を見てだからここまで上り詰められたんだなって思います。少しでも祐一さんの技術を真似できるようになりたいですね。

渡辺:その雲の上の存在の豊さんと、いまは一緒にレースしてますよね。どうですか?

今村:ゲートで横に豊さんがいて「うわっ、豊さん、かっこいい」って思いました(笑)。

渡辺:豊さんとは話したりするのですか?

今村:豊さんが新馬に乗られて私がその馬の二走目に乗ったとき、レース後に「ちょっと噛んでたね」って言われました。馬の癖は乗った人にしかわからないし、豊さんも気にされてたんだなと思うと嬉しかったですね。

渡辺:過去の名馬で好きだった馬、印象的な馬はいますか?

今村:キズナです。メイショウマンボがオークス勝った年のダービー馬ですし、豊さんが久しぶりにダービーを勝たれてゴール後のガッツポーズとかいまでも鮮明に覚えてます。

渡辺:女性の先輩ジョッキーは意識しますか?

今村:女性ということではあまり意識はしないです。女性新人ジョッキー最多勝のときにプラカードで祝っていただいたんですけど、これだけ女性騎手がいたら女性騎手だからというのもなくなり普通のことになってくるんじゃないかなって思いました。

渡辺:久々の女性ジョッキーで道を開いた藤田菜七子騎手の存在は大きいですか?

今村:はい。数々の記録を成し遂げられていて、いま私はそれには及ばないです。

渡辺:女性騎手が活躍すれば、騎手になりたいという女子も増えますものね。

今村:これからデビューしてくる子に抜かさせないような気迫を見せないとって思いますね。夢と感動と女性騎手でもこの世界でやっていけるというのを伝えていきたいです。


騎手に聞くキャプテン渡辺のここだけの話

Q.女性騎手同士でいわゆる女子トークしますか?
A.「この人、イケメンですよね」とか「このお菓子美味しいですよね」とかの話題で盛り上がってます。(今村騎手)

渡辺:楽しそうですね(笑)。

今村:永島(まなみ)さんや古川(奈穂)さんは競馬学校のときから一緒だったので、女子3人になったらずっと話してますね(笑)。馬の話もしますし、プライベートの話もしますし。何かあったら、私がお構いなしに「ちょっと聞いてくださいよぉ」って話をしに行ってます。いつも迷惑だと思うんですけど、とても優しい先輩なので、話を聞いてくださいます。

渡辺:女子だとメイクにも気を遣いますか?

今村:いつどこで誰が見ているか、わからないのですからね。身だしなみは気をつけてます。私、ニキビがすごい出ちゃうので、この前ハーブクリーニングに行ってきたら、日焼けサロンへ行ったばかりみたいになっちゃって、写真撮らないでみたいな(笑)。少しでも見ている人がジョッキーでも綺麗だなと思っていただけるよう、女子力を高めていこうと思ってます。

渡辺:ヘルメット脱いだら、髪の毛ボーンみたいなのもありかもですね(笑)。

今村:私、髪が黒なのでミルクティー色にしたいなと思ってたんですよ。最近流行りなんで。いまはまだ新人なので、来年、もしかしたら再来年、髪の毛の色が変わってたら、やりたいことできてるなって思ってください(笑)。


以下、次回につづきます

今村聖奈:2003年11月生まれ。JRA競馬学校38期生。2022年3月5日デビュー。同年3月13日阪神競馬場にて初勝利。6月に女性騎手新記録となる7週連続勝利達成。CBC賞で女性騎手史上初となる重賞初騎乗初制覇。寺島厩舎所属。父は今村康成調教助手(元騎手)。Twitter アカウント @Vall00001。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。YouTubeで競馬予想更新中
※この記事は 2022年7月6日 に公開されました。

×