【第2回】競馬の仕事を志したきっかけ
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中!
この私が切り込み隊長となって馬主、調教師、騎手に話を伺う『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。
(株)G1レーシング 吉田正志代表にお越しいただいてのインタビュー。2回目の今回は競馬の世界を志したきっかけなどを伺いました。

競馬の仕事を志したきっかけ

吉田代表が競馬の仕事を志したきっかけとは...

渡辺:吉田代表は、もうそれこそ生まれたときから身近に馬がいる環境で育ったわけですよね。

吉田:私は東京で生まれ、育ったので牧場で育ったわけではないのですが、子どものころから北海道の牧場や当時あった千葉の牧場、競馬場に来てました。

渡辺:競馬の仕事に就くのも当然の流れだったのでしょうか?

吉田:中学生ごろから夏休みになるとノーザンホースパークによくおいてかれてました。俊介くん(現・(有)サンデーレーシング代表)、エアの吉原さん((株)ラッキーフィールド)のご子息とかも泊まっていて、厩舎の手伝いをしながらいっしょに乗馬をしたりしていました。いま思うとそれが教育でもあったと思います。

渡辺:へぇ。

吉田:そのころから、将来東京で普通にサラリーマンをしている姿は想像できなかったですね。漠然と競馬の仕事に携わるのだろうなという思いでした。

渡辺:吉田代表がマネージャーを務められる追分ファームができたのが1995年ですよね。

吉田:まだ追分ファームができる前に、親父に「牧場やりたいか」って聞かれて「やりたい」とは返事したものの、そのときまだボクは14歳でしたから、あまり実感ないまま返事しただけでした。

渡辺:まだ中学生ですものね。

吉田:気がついたら牧場ができていて。でも将来場長として馬やスタッフといっしょに仕事をしていくとか、クラブ法人として馬を集めて一口を買っていただくとか、具体的にそこまでは思うのはもう少しあとですね。

圧倒されたセリの世界

初めてセリを体感したときは「圧倒された」と吉田代表

渡辺:いまの仕事に就こう、と思われたきっかけがあったのでしょうか?

吉田:仕事として考えるようになったのは、18歳のときに初めてトレーニングセールに連れて行ってもらったときですね。場所はバレッツだったと思うんですが、親父を含めて関係者みんなでトレーニングセールに行きまして、セリの凄さや面白さをそこで体感したのがきっかけですね。

渡辺:馬体うんぬんというよりも、セリ自体の面白さに魅了された感じですか?

吉田:当時はまだ競馬に詳しいわけではなかったですし、これまで見たことがない世界でしたし圧倒されました。

渡辺:値段もバンバン上がっていきますし。

吉田:セリの場を体感して、そこで馬の見方であったり、セリの立ち振舞い方であったりを見聞きして、いろいろ教わりました。そのセリで購入した馬の名前を付けていいよという話になり、競馬好きの友人と一緒に考えてエターナルビートと名付けました。名付け親になると思い入れもでてきて、長浜厩舎や北海道の牧場に馬の様子を見に行くうちに、トレセンに行く回数も増えて、仕事として競馬を考えるようになったのはそのあたりからですね。

渡辺:エターナルビートは3勝しているんですね。重賞で2着にも入ってますね。

吉田:そのあとにボクが選んだスタンドオンエンドという馬も、結構勝ってくれて。これでなかなか勝てなかったりしたらまた違っていたかもしれないですが、2頭とも結果を残してくれたのもあり、自然と競馬の世界に入っていけました。

渡辺:最初に入られたのが追分ファームですか?

吉田:2004年に白老ファームからスタートしました。2ヶ月ほどいて、セレクトセールが終わってからイギリスの語学学校に通いはじめて、ニューマーケットの隣町のケンブリッジの語学学校だったので、車を借りてニューマーケットのセリにも行ってました。その後、アメリカの牧場に行って帰国して追分ファームになります。

渡辺:お父さんから競馬の哲学のようなものを叩き込まれた、なんてことはありますか?

吉田:叩き込まれたというのは特にないですね。自然と教わっているとは思います。馬の見方については、今でも手伝っていただいている尾形獣医から教わったことが多いです。

渡辺:追分ファームのマネージャーとしてだけでなく、いまはG1レーシングの代表も務められてますし、日々忙しそうですね。競馬以外の趣味は何かございますか?

吉田:やることが多いので、仕事が趣味みたいになっていますよ(笑)。


以下、次回につづきます

(株)G1レーシング 吉田正志代表:1980年生まれ。慶應義塾大学卒業後、白老ファームに勤務し、イギリス留学後にアメリカの生産牧場へ。帰国後、追分ファームのマネージャーとなり、2015年から(株)G1レーシング代表も兼務。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。
※この記事は 2018年1月19日 に公開されました。
長谷川 雄啓 さん
団野 大成 騎手
JRA競馬学校 小林 淳一 教官・阿部 尊留 教官
吉田 豊 騎手
武 豊 騎手
福永 祐一 騎手
石川 裕紀人 騎手
永島 まなみ 騎手
古川 奈穂 騎手
おがわじゅり さん
丸田恭介 騎手
栗田徹 調教師
チャクイウ・ホー騎手
ミカエル・ミシェル騎手
今村聖奈 騎手
山田弘オーナー
小堺翔太 さん
早見和真 さん
ジャングルポケット 斉藤慎二さん
金子光希 騎手
畠山吉宏 調教師
弥永明郎さん
山本潤 さん
大塚海渡 騎手・小林凌大 騎手・菅原明良 騎手
小手川準 調教師・深山雅史 調教師・宮田敬介 調教師
DMMドリームクラブ 野本 巧 取締役
松岡正海 騎手
田中歩 さん
大竹正博 調教師
萩原清 調教師
五十嵐雄祐 騎手
国枝栄 調教師
木村哲也 調教師
手塚貴久 調教師
稲垣幸雄 調教師・加藤士津八 調教師
藤田菜七子 騎手
カンニング竹山 さん
山田敬士 騎手
戸崎圭太 騎手
加藤征弘 調教師
内田博幸 騎手
石橋脩 騎手
(株)G1レーシング 吉田正志代表
尾関知人 調教師
東京サラブレッドクラブ 西川哲社長
木幡育也 騎手・武藤雅 騎手・横山武史 騎手
田中博康 調教師・林徹 調教師・和田勇介 調教師
藤澤和雄 調教師
菊沢隆徳 調教師
(有)サンデーレーシング 吉田俊介代表
ゴルゴ松本さん
松木安太郎さん
山田弘オーナー
西川賢会長 x 里見治オーナー

×