ゲスト 中野 栄治 さん

02. 競馬場に足を運んで、感動を胸に刻み、その感動を少しだけジョッキーにも分けてあげてください。ファンとジョッキーは、ずっとそういう関係でいて欲しいと思っています。

競馬場に足を運んで、感動を胸に刻み、その感動を少しだけジョッキーにも分けてあげてください。ファンとジョッキーは、ずっとそういう関係でいて欲しいと思っています。
アイネスフウジンをパートナーに、日本ダービーを初制覇。ファンの心にその名を刻んだ中野栄治さん。日本ダービーの思い出を語ってくれた前編に続き、後編は、ジョッキーになった理由、調教師への転身、そして、ホースマンとしての矜持など、キャプテン独特の視点で、鋭く切り込む――。

馬乗りから、生き方まで
すべて教えてくれたのは、父親でした

――中野先生のお父さん、要さんは、大井競馬場で調教師をされていたんですよね。

中野元はジョッキーで、僕が2歳のとき、大分の中津競馬から大井競馬に移籍。ジョッキー引退後に調教師になったんですけど、隣が、矢作(芳人調教師)さんのお父さんの厩舎でした。

――ジョッキーになるうと思ったのは?

中野小学校4年生くらいの頃ですね。当時は、中央より地方競馬が盛り上がっていた時代で、僕も、当然、大井で乗りたいと思っていたんですけど、なぜか、突然、親父が、「お前は中央に行け!」と言い出して。口には出せませんでしたけど、“何でだよ!? ”とは思っていました(笑)。

――お父さんが怖かった?

中野怖かったですよ。でも、いい親父でした。馬乗りから私生活のことまで、何でも教えてくれて、親父であり、師匠でした。

――それじゃ、ノーとは言えないですね(苦笑)。それで競馬学校を受験した?

中野僕らのときは、競馬学校ではなく、馬事公苑の騎手課程ですね。そこを卒業して、荒木静雄厩舎所属の騎手としてデビューしました。

――昔と今じゃ、全然、違っていたんでしょうね。

中野いまみたいに、ひとりのジョッキーが、1日9レースも、10レースも乗るなんてことはなかったですからね。一流と呼ばれた小島太さんや増沢末夫さんでも、1日3レースくらいで、僕とか同期の南井(克巳)くんとか、騎手になりたてのあんちゃんは、もう、大変でしたよ。

――だからこそ、乗れたときは、勝負をかける執念がすごかった?

中野ですね。10回乗ったら1回は勝っていたので、“1割ジョッキー”と呼ばれたり、小島太さん、中島啓之さんが騎乗停止で乗れないとき、代打として乗せてもらうことが多かったので、“番手ジョッキー”と呼ばれていて(笑)。結果を残せなかったらクビという気持ちで乗っていましたからね。

つ、つい、スケベ心が出てしまって(笑)

――騎手時代、調教師時代を通して、やめたい、やめようかなと思ったことはありましたか。

中野調教師になってからは一度もないです。

――ということは、騎手時代はあった?

中野さすが、キャプテン、ツッコミが鋭い(笑)。

――ありがとうございます(笑)。

中野減量に苦しんで、乗れなくなったときに、もうやめようかなと思ったんですけどね。女房に、「やめるのはいつでもいい。でも、中途半端なやめ方はいしない方がいい」って、言われたんですよね。

――いい奥さんですね。

中野アイネスフウジンに出会ったのは、そのすぐ後です。もし、あのとき、女房に止められていなかったら、いま、こうして、キャプテンと話をさせてもらっていることもなかったし……女房にはほんと、感謝しています。

――いつぐらいから調教師を意識しはじめたんですか。

中野ダービーを取る前から考えていたし、勉強も始めていました。

――そう…だったんですね?

中野そう。だから、ダービーを勝った後、これで思い残すことはない、今季限りで引退しようと一度は、自分で決めたんです。ところが、新潟の新馬を勝っちゃって、おっ!? と、思ってしまって……。

――来年もダービーを勝てるぞ、と!?

中野バカですよねぇ(苦笑)。そんなわけないのに、つい、つい、スケベ心が出てしまった(笑)。

――調教師は、ジョッキーとは違う意味で大変な仕事だと思いますが、そのあたりは、実際、どうでしたか?

中野ちっちゃい頃から馬と接しているのが好きだったし、親父を見て育ったので、特別、調教師が大変だと思ったことはないというか、むしろ楽しかったですね。

――楽しかった!? ホントですか?

中野当時、調教助手だった藤沢(和雄)さん、国枝(栄)さんが週に3回くらいはウチに飯を食いに来ていて。馬はもちろんだけど、人を育てるのも大事だよなとか、これまでと同じ調教をしていたんじゃ進歩がないとか、いろんなことを話すのが楽しかったですね。

――なんか、いま、ものすごく貴重な話を聞いたような気がするんですけど。

中野数字は、2人に大きく差をつけられてしまいましたが(苦笑)、馬への愛、競馬への情熱という意味でいうと…根っこの部分は3人同じだったと思います。

技術も大切。
でも、それ以上に大切なのは…強い心

――中野厩舎といえば、01年の高松宮記念とスプリンターズステークスを制したスプリント王、トロットスターです。

中野お母さんのカルメンシータが、藤沢さんのところにいた馬で、オーナーの高野稔さんは、ジョッキー時代から僕を可愛がってくれた方なんです。

――繋がってますね。

中野そうなんです、いろんなことが、繋がっているんですよ。親父がいつも、「器の大きな人間になれ。大きな器には、その器に合わせてたくさんの人が集まるんだぞ」と言っていて。結局、僕は器の大きな人間にはなれませんでしたけど、人と人の縁、巡り合わせというのはすごく感じているし、感謝しています。

――縁といえば、先生の調教師としてのラストウィーク、3月3日の中山2Rで中野厩舎のイーサンハンターに騎乗したユタカさんが、1着でゴール後、調教師席にいた先生に向かってガッツポーズをしました。

中野ガッツポーズというより、ユタカくんなりの挨拶だったんじゃないかな。僕とユタカ君の間には、あの日……アイネスフウジンでダービーを取らせていただいたあの日から、同じ時間、同じ場所で戦った者同士といういい縁があったんだと思います。

――そして、7R終了後の花束贈呈式では、集まった関係者から、“ナカノ・コール”が飛び出しました。

中野嬉しいよね。ほんと、嬉しかったです。

――調教師を引退された後は、どんな生活を送られているんですか。

中野何もやってないし、いまはまだ、何も考えていないかな。ただ……。

――ただ?

中野体内時計が残っているのか、3時になると目が覚めちゃうんですよね(苦笑)。

――3時に起きちゃう?

中野意地でも起きねぇぞと、布団の中に潜り込むんだけど……目は完全に覚めちゃってるんですよね(笑)。

――最後に、あと2つだけ。ひとつめは、現役のジョッキーに向けて、一言、お願いします。

中野技術はもちろんだけど、それ以上に、心を大切にしてほしい。ユタカくんもそうだけど、一流と呼ばれるジョッキーは、跨った瞬間、その馬の気持ちをグッと掴む。それができるジョッキーになって欲しいと思います。

――跨った瞬間ですか?

中野そう。一流のジョッキーは、パドックで跨るとき、ふわっと乗るし、返し馬も、ふわん、ふわんという感じで走らせる。見ればわかりますよ。

――そう言われると、そうかも、です。今度、注意して見てみます。では、もうひとつ、これから調教師を目指すという人へのアドバイスをお願いします。

中野僕みたいな調教師にはなるな、ですね(笑)。

――なんですか、それは(笑)。ビシッと締めてくださいよ。では、最後の最後に、もうひとつだけ、競馬ファンに一言、お願いします。

中野では、ビシッと(笑)。
ファンの方には、競馬場に足を運んでいただいて、ひとつ、ひとつ、たくさんの感動を胸に刻んでいってほしいと思います。で、その感動を少しだけでいいから、ジョッキーにわけてあげてください。ジョッキーとファンは、ずっとそういう関係でいてほしいと思います。

(構成:工藤 晋)

中野 栄治 なかの・えいじ
1953年3月31日 東京都出身
美浦・荒木静雄厩舎所属の騎手として71年にデビュー。
JRA通算3670戦370勝。重賞勝ちは、90年日本ダービーなど16勝。
95年に調教師免許を取得。JRA通算292勝。重賞勝ちは、01年高松宮記念(トロットスター)などGI2勝を含む8勝。

キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。YouTubeで競馬予想更新中

※この記事は 2024年5月23日 に公開されました。
岡田スタッド代表取締役 ノルマンディーサラブレッドレーシング代表取締役 岡田 将一 さん
白老ファーム 細田 直裕 さん
ノーザンファーム顧問 中尾 義信 さん
菱田 裕二 騎手
黒岩 悠 騎手
中野 栄治 さん
佐藤 伝二 さん、佐藤 万寿雄 さん
長谷川 雄啓 さん
団野 大成 騎手
JRA競馬学校 小林 淳一 教官・阿部 尊留 教官
吉田 豊 騎手
武 豊 騎手
福永 祐一 騎手
石川 裕紀人 騎手
永島 まなみ 騎手
古川 奈穂 騎手
おがわじゅり さん
丸田恭介 騎手
栗田徹 調教師
チャクイウ・ホー騎手
ミカエル・ミシェル騎手
今村聖奈 騎手
山田弘オーナー
小堺翔太 さん
早見和真 さん
ジャングルポケット 斉藤慎二さん
金子光希 騎手
畠山吉宏 調教師
弥永明郎さん
山本潤 さん
大塚海渡 騎手・小林凌大 騎手・菅原明良 騎手
小手川準 調教師・深山雅史 調教師・宮田敬介 調教師
DMMドリームクラブ 野本 巧 取締役
松岡正海 騎手
田中歩 さん
大竹正博 調教師
萩原清 調教師
五十嵐雄祐 騎手
国枝栄 調教師
木村哲也 調教師
手塚貴久 調教師
稲垣幸雄 調教師・加藤士津八 調教師
藤田菜七子 騎手
カンニング竹山 さん
山田敬士 騎手
戸崎圭太 騎手
加藤征弘 調教師
内田博幸 騎手
石橋脩 騎手
(株)G1レーシング 吉田正志代表
尾関知人 調教師
東京サラブレッドクラブ 西川哲社長
木幡育也 騎手・武藤雅 騎手・横山武史 騎手
田中博康 調教師・林徹 調教師・和田勇介 調教師
藤澤和雄 調教師
菊沢隆徳 調教師
(有)サンデーレーシング 吉田俊介代表
ゴルゴ松本さん
松木安太郎さん
山田弘オーナー
西川賢会長 x 里見治オーナー

×