ゲスト 古川 奈穂 騎手

02. 凹まず、落ち込まず… 前だけを向いて頑張ります!

凹まず、落ち込まず… 前だけを向いて頑張ります!
師匠・矢作芳人調教師の叱咤・激励と、兄弟子・坂井瑠星騎手のアドバイスを受けながら、一歩ずつ前に進んできた古川奈穂騎手。後編は、ジョッキーを目指したきっかけ。競馬学校時代の苦い思い出。そして、最後は――古川奈穂、試練の5番勝負!! 勝つのは、キャプテン渡辺か!? それとも、古川奈穂騎手か?

人はそれを運命と呼ぶ

――インタビューも、2コーナーを回って向正面に突入! まずは、競馬に興味を持つきっかけから教えてください。

古川小学校6年生の時、たまたま家にいて、なんとなく、テレビをつけたらそれが競馬中継で。馬の走る姿に魅了されたのが始まりです。

――たまたま? なんとなく?

古川はい。本当に、たまたまで、何となく、です。

――なるほど、でも、人はそれを運命と呼びます(笑)。

古川でも…そうかもしれないです。

――その時のレースを覚えています?

古川ゴールドシップが勝った有馬記念です。

――おーっ! 前走、菊花賞を勝って、その勢いのまま古馬に挑んだ暮れの祭典…3コーナー手前あたりから、得意のマクリ戦法で、直線、突き抜けたレース、あの有馬記念だ。

古川ゴールドシップ、オーシャンブルー、ルーラーシップ……カタカナで表記された名前がずらりと並んでいて。 えっ!? なにこれ? かっこいい! と。
あっという間に虜になっていました(笑)。

――そこからは競馬一筋?

古川はい! 両親にお願いして競馬場に連れて行ってもらって。パドックの最前列で写真を撮ったり、レースを見たり…中学の3年間は、趣味は競馬ですと胸を張れるほど、競馬に夢中になっていました。

――連れて行ってもらっていたのは、阪神!? それとも京都?

古川いいえ。実家が東京競馬場と中山競馬場の中間あたりだったので、その時、開催されていた方です。

――えっ!? 東京…なの? 所属が栗東の矢作厩舎だから、てっきり、関西出身なんだと思っていたけど…そうかぁ。

古川そうなんです。同級生はみんな東京なので、休みがあっても、一緒に出かける友達もいなくて。一度夏に、同窓会があったんですけど、私はその時期、北海道で。悔しかったので、みんなに見せつけてやろうと馬と一緒に、スマホのビデオ通話で参加しました(笑)。

――友達は、古川騎手がジョッキーになりたいって言い出したときは驚いたでしょう?

古川中高一貫の学校だったので、みんな、私が中学のときから競馬を好きなのは知っていたんですけど、競馬学校を受験するのは内緒にしていて。合格してから伝えたので、みんな、びっくりしていましたね。

――ご両親は? 反対しなかった?

古川反対はされなかったです。競馬学校の倍率が高いのは両親も知っていて。今にして思うと、まさか合格するとは思っていなかったのかなと。多分、きっと…いや、絶対、落ちると思っていたんじゃないかと(笑)。

――ジョッキー以外の選択肢はなかった?

古川中学生の頃は、獣医師か、JRAの職員になりたいと思っていたんですけど、高校に進学して、まず、私は理系向きの人間じゃないということに気づいて(苦笑)。

全身を使った呼吸?

――いきなり、獣医師という道は消えたわけですね。

古川そうなんです。で、う〜〜〜んと、考え出したちょうどその時、藤田菜七子先輩がデビューされて、それがすごくかっこよくて。女性でもジョッキーになれるんだと知ったときには、もう、思いは止められませんでした。

――競馬学校は大変だったでしょう?

古川そうですね。同期はみんな乗馬経験が豊富だったので、最初から大きな差は感じていました。とにかく数多く乗って、みんなに追いつきたいけど、乗れる時間は限られていて。
その分、筋トレを頑張ったんですけど、途中、左肩を手術したことで進級試験を受けられずに留年。いいことも、そうじゃないことも含めて、競馬学校の4年間で、たくさんの経験をさせてもらいました。

――同期は?

古川卒業時は37期生で、栗東は、まなみちゃん(永島まなみ)、小沢(大仁)君、角田(大和)君、松本(大輝)君。美浦は、永野(猛蔵)君、横山(琉人)君です。

――同期はみんな仲がいい?

古川コロナ禍ということもあって、卒業してからみんなで会う機会はまだないんですが、グループラインがあって、誰かが勝った時は、みんなで、“おめでとう!”を言い合ったり、馬のことを聞き合ったりしています。

――休みの日はどうしているの?

古川去年、手術してくださった病院で肩のリハビリか、池添(謙一)先輩がインスタで紹介していた京都のYAGI SPORTS GYMに行くことが多いです。

――ジムは筋力トレーニング?

古川体幹トレーニングです。
まず、全身を使って呼吸するところから始めて、呼吸で血流を良くし、そこから本格的な体幹トレーニングに入るんですけど、バランスを保ちながら目線を変えたり、いろんな体勢から力を出したり…と、競技に特化した、より実践的なトレーニング方法を教えていただいています。

――呼吸…ですか?

古川やってみるとわかるんですが、普段は、意外なほど全身を使った呼吸というのをしていなくて。真剣にこのトレーニングをしていると、呼吸だけで汗ばんでくるほどなんです。キャプテンさんも一度、やってみてください。いい汗がかけますよ(笑)。

――いや…そういうのはジョッキーの方たちにお任せして…僕は馬券で勝負します(笑)。

古川そう言わずに、ぜひ!

試練の5番勝負

――いや、いや(苦笑)。オレがペースを握っていたはずなのに、なんか、中盤から、ゴールドシップ級のマクリで並ばれたような感じだけど。勝負は最後の直線! ここからは、古川奈穂騎手に直撃! 試練の5番勝負です。

古川ムチを入れて頑張ります(笑)。

――それでは最初の質問です。よく見るテレビ番組はなんですか。

古川見たいドラマがあるときは録画して見ることもありますが…バラエティも含めて、最近はあまりみていないです。

――YouTubeは?

古川たまに、ですけど、見ます。最近のお気に入りは、農林水産省の『BUZZMAFF(ばずまふ)』です。

――農林水産省…ですか?

古川はい。海軍カレーを食べに行ったり、牛の品評会に行ったり…とにかく面白いんです。一度、キャプテンさんも見てください。絶対にハマりますから。

――どこか変わっている騎手だなぁと思っていたけど、本当に変わってるんだ(笑)。いやぁ、びっくりです。

古川えっ!? そうですか? 私は、普通だと思いますけど。

――その判断はこのインタビューを読んでくれた人にお任せするとして、2つ目の質問です。好きな食べ物は?

古川さつまいもです。一番は、やきいもですけど、さつまいもを使った料理はなんでも好きです。

――マジで?

古川母の実家が、安納芋で有名な種子島で。冷凍して大量に送ってもらい、毎日のように食べています。干し芋も好きですし、ほとんど、さつまいも愛好家ですね。

――3つ目の質問は…結婚です!

古川いつかは…という漠然としたものはあるし、年相応の女子力は身につけたいなぁという思いもありますが…。今は競馬のことで頭がいっぱいで。結婚は、遠い、遠い、将来ですね(笑)。

――4つ目は、目標とするジョッキーは?

古川目標とするジョッキーは、ふたりいて。ひとりは、武豊騎手です。もうすべてがかっこよすぎて。一歩…いや、半歩…1ミリでもいいから近づけるように、努力あるのみです。

――もうひとりは?

古川キャプテンさんも、今年、グイグイきているとおっしゃっていた。兄弟子の坂井瑠星騎手です。

――尊敬する調教師は?

古川矢作芳人先生です!

――だよね。矢作先生以外の名前を出した、ぶっ飛ばされちゃうもんね(笑)。

古川そんなことはないと思いますけど。「技術的なことは先輩たちに訊け」とおっしゃっていて、その他色々な面でサポートして頂いているので感謝しかありません。私自身が力をつけないといけないし、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと――上手くならなきゃいけないと思います。

――その意気だ! 頑張れ、古川奈穂!!

古川はい、頑張ります!

――さぁ、それでは、いよいよ、ラスト! 最後の質問は、来年の目標です。

古川目の前のレース、ひとつ、ひとつを大事にして、きちんと結果を出すことです。31勝すればGⅠに騎乗できる資格は得られますが、それは資格を得られるというだけのことなので、目標は3キロ減になる51勝。そして、2キロ減の101勝! どんなときでも、凹まず、落ち込まず、前だけを向いて頑張ります!

(構成:工藤 晋)

ふるかわ・なほ
2000年9月13日生まれ 東京都出身
栗東 矢作芳人厩舎所属
2021年3月6日 阪神競馬1Rでデビュー。
初勝利は、3月13日の阪神6R(パートナーはバスラットレオン)。
初勝利から4週連続で勝利を挙げたものの、左肩に違和感を感じ、その後手術。5ヶ月にも及ぶリハビリを経て、10月9日の阪神2Rで復帰。1年目は7勝、2年目となる今年は、ここまで10勝を挙げている。

キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。YouTubeで競馬予想更新中

※この記事は 2022年12月9日 に公開されました。

×