Topicsニュース&トピックス

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(有)サンデーレーシング様所有馬 ドゥラメンテ号が日本ダービー優勝 二冠達成!

  • 2015/05/31

5月31日(日)東京競馬場で施行されました第82回日本ダービー(GI・芝2400m)において、当協会会員(有)サンデーレーシング様所有馬 ドゥラメンテ号が優勝し、皐月賞・日本ダービーと二冠を達成しました。また2、3着には里見 治 様所有馬サトノラーゼン号、サトノクラウン号が、4着には(有)サンデーレーシング様所有馬 リアルスティール号が入り、今年のダービーは当協会会員馬が1着から4着を独占した結果になりました。

皐月賞では3番人気でのレースだったドゥラメンテ号でしたが、ダービーでは単勝1.9倍の1番人気に支持されてのレースとなりました。
スタート後、中団の一角につけてレースを進めたドゥラメンテ号は、4コーナー付近で徐々に進出し、坂をのぼって一気に先頭へ。そこから他を寄せ付けずにそのまま押し切って優勝。勝ち時計は2分23秒2でキングカメハメハ、ディープインパクトのタイムを塗り替えるダービーレコードで、2011年のオルフェーヴル以来となる皐月賞につづいて史上23頭目の二冠を達成しました。
優勝、そして二冠達成おめでとうございます。

(有)サンデーレーシング 様のコメント
「本馬はミルコ・デムーロ騎手と人馬一体となり、持ち前の力を存分に発揮してくれました。ご声援ありがとうございました」

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

野田 みづき 様所有馬 ミッキークイーン号がオークス優勝

  • 2015/05/24

5月24日(日)東京競馬場で施行されました第76回オークス(GI・芝2400m)において、当協会会員野田 みづき 様所有馬 ミッキークイーン号が優勝しました。

3番人気でレースを迎えたミッキークイーン号は、道中は中団でレースを進めると、直線で外に持ち出し坂を駆け上がって一気に加速、ゴール前で先行馬を捉えて差し切り見事牝馬クラシックを制覇しました。ミッキークイーン号は桜花賞は除外され出走かなわず、忘れな草賞を経由しての今回の戴冠となりました。重賞初タイトルがオークスになり、また同世代牝馬頂点に立ち秋が非常に楽しみになる走りを魅せてくれました。
優勝おめでとうございます。

野田 みづき 様のコメント
「強い競馬で、今後が非常に楽しみの持てる勝利でした。初めてのクラシック制覇に驚きと共に大変感動しています」

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

祝! JRA通算400勝達成! シンボリ牧場 様

  • 2015/05/16

5月16日(土)新潟競馬場で施行されました第10レース(胎内川特別・芝2200m)において、当協会会員シンボリ牧場 様所有馬 シンボリジャズ号が優勝し、シンボリ牧場 様はJRA通算400勝達成しました。
通算400勝、おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

杉山 忠国 様所有馬 クラリティスカイ号がNHKマイルカップ優勝

  • 2015/05/10

5月10日(日)東京競馬場で施行されました第20回NHKマイルカップ(GI・芝1600m)において、当協会会員杉山 忠国 様所有馬 クラリティスカイ号が優勝しました。

3番人気でレースを迎えたクラリティスカイ号は、好スタートから4番手でレースを進めると、直線に入り馬場内側から坂を駆け上がり残り200mで後続を離して先頭に立ちそのまま押し切って優勝。2着に1馬身差をつけ3歳マイル王に輝きました。クラリティスカイ号はいちょうステークスについで重賞2勝目。父クロフネは2001年に同レースを制覇しており、NHKマイルカップ初の父子制覇となりました。また杉山様にとり初のG1タイトル獲得となりました。
優勝おめでとうございます。

杉山 忠国 様のコメント
「この度、5月10日(日)東京競馬場で行われましたNHKマイルカップ(G1)に優勝することができ、最高の1日となりました。私といたしましても初めてのG1勝利に異常な興奮を覚えました。
また、同日に京都メイン鞍馬Sをスギノエンデバーで制し望外の喜びの瞬間でありました。
今回応援して頂いた方々には感謝いたしますとともに今後とも宜しく御願申し上げます。今後もクラリティスカイが無事に競走生活を続けられる様祈るのみです」

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

里見 治 様所有馬 サトノラーゼン号が京都新聞杯優勝

  • 2015/05/09

5月9日(土)京都競馬場で施行されました第63回京都新聞杯(GII・芝2200m)において、当協会会員里見 治 様所有馬 サトノラーゼン号が優勝しました。

2番人気でレースを迎えたサトノラーゼン号は、道中5番手で馬場内側からレースを追走し、最後の直線で馬場真ん中から抜け出し後続を振り切ってゴール。2着に半馬身差をつけ初の重賞タイトルを手にし、ダービー出走への視界を広げました。
優勝おめでとうございます。

里見 治 様のコメント
「センスのいい走りでうまく勝ってくれたと思います。初の重賞挑戦でしたので、不安なところはありましたね。ですが、初挑戦でいきなり勝ってくれましたから、少しずつ力が付いてきたのでしょう。ダービーでも活躍してくれることを願っています」

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(有)サンデーレーシング 様所有馬 レーヴミストラル号が青葉賞優勝

  • 2015/05/02

5月2日(土)東京競馬場で施行されました第22回テレビ東京杯青葉賞(GII・芝2400m)において、当協会会員(有)サンデーレーシング 様所有馬 レーヴミストラル号が優勝しました。

1番人気でレースを迎えたレーヴミストラル号は、道中は中団後方4、5番手でレースを進めると最終コーナー手前で大外から徐々に進出し末脚を披露。直線での3頭の叩き合いを半馬身差制して優勝し、ダービーへの優先出走権を手にしました。レーヴミストラルは未勝利戦を勝ち上がりこれで3連勝。また半兄のアプレザンレーヴも2009年に同レースを制し、レース史上初の兄弟制覇となりました。良血がダービーへ向けて開花。本番が楽しみになる勝利となりました。
優勝おめでとうございます。

(有)サンデーレーシング 様のコメント
「重賞初出走でしたが、前走のアザレア賞と同様に鋭い末脚をみせて、見事勝利を飾ってくれました。日本ダービーと同じコース距離で優勝したことは、大きな経験になるはずです。ご声援ありがとうございました」