Topicsニュース&トピックス

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(有)サンデーレーシング様所有馬 オルフェーヴル号が有馬記念優勝、有終の美を飾る!

  • 2013/12/22

12月22日(日)中山競馬場で施行されました1年を締めくくるグランプリレース第58回有馬記念(GI・芝2500m)において、当協会会員(有)サンデーレーシング様所有馬 オルフェーヴル号が見事1番人気に応えて優勝、有終の美を飾りました。

単勝1.6倍の圧倒的支持を集めてレースに出走したオルフェーヴル号は、道中後方でレースを進めると、向こう正面で大外から前へ進出し直線入り口で先頭へ立つと、最後は後続馬を突き放すレースで2着に8馬身差をつけ優勝。現役生活最後となるレースでも圧巻の強さを披露し、見事有終の美を飾りました。レース後、(有)サンデーレーシング様は「様々な方に支えられて、素晴らしい結果を残してくれました。長い間応援していただきまして、ありがとうございました」と愛馬の勝利とオルフェーヴル号を支えたファンへ感謝のコメントをされました。オルフェーヴル号は有馬記念制覇でG1・6勝目。史上6頭目となる有馬記念2勝を挙げました。優勝おめでとうございます。そして現役生活お疲れ様でした。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

「第4回有馬記念プレミアムレセプションパーティー」開催

  • 2013/12/16

12月16日(月)17:00 東京・ホテルニューオータニ鶴の間にて「有馬記念プレミアムレセプションパーティー」を開催いたしました。今や、競馬サークルにはなくてはならない祭典となりましたこのパーティーに、本年も、出走馬の馬主や調教師・騎手、生産者などの競馬関係者をはじめ、馬主協会の会員の皆さま、競馬推進議員連盟の先生方、素敵なゲスト、一般ファンなどたくさんの方々にご来場いただき、おかけさまでパーティーを盛大に催すことができました。

ご来場者へ貴重なグッズがあたるプレミアム抽選会では、出走予定馬の馬主の皆さまをはじめ、会員の皆さま、JRA(中山競馬場)、馬主協会、調教師、騎手など競馬関係者の皆さま、協賛いただいたアウディジャパン様から多数の貴重なグッズをご提供いただきました。

またパーティー開催にあたり、ご協力いただきました皆さまに本当に感謝申し上げます。


林 正道様所有馬 ノーザンリバー号がカペラステークス優勝

  • 2013/12/08

12月8日(日)中山競馬場で施行されました第6回カペラステークス(GIII・ダート1200m)において、当協会会員林 正道様所有馬 ノーザンリバー号が見事優勝しました。

6番人気でレースを迎えたノーザンリバー号は、やや遅れ気味のスタートになるも道中インコース中団でレースを進めると、4コーナー手前では先団に構えて直線に入り、インから鮮やかに抜けだして優勝しました。ノーザンリバー号は、3歳春に芝コースでアーリントンカップを優勝。新天地のダートでも重賞タイトルを手にし、重賞2勝目は今後のさらなる可能性を高める勝利となりました。優勝おめでとうございます。


(株)東京ホースレーシング様所有馬 レッドリヴェール号が阪神JF優勝

  • 2013/12/08

12月8日(日)阪神競馬場で施行されました2歳女王を決める第65回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI・芝1600m)において、当協会会員(株)東京ホースレーシング様所有馬 レッドリヴェール号が見事優勝しました。

5番人気でレースを迎えたレッドリヴェール号は、道中中団でレースを進めると、最後の直線で末脚を伸ばし、最後はわずか5cmのハナ差のデットヒートの末、見事G1タイトルを手にしました。レッドリヴェール号はこれでデビュー以来、無傷の3連勝。重賞は札幌2歳ステークスについで2勝目で、来年のクラシックが楽しみになりました。優勝おめでとうございます。


(株)ロードホースクラブ様所有馬 ロードカナロア号が香港スプリント連覇、圧勝で有終の美を飾る!

  • 2013/12/08

12月8日(日)香港・シャティン競馬場で施行されました第15回香港スプリント(GI・芝1200m)において、当協会会員(株)ロードホースクラブ様所有馬 ロードカナロア号が圧巻の走りで優勝、同レース連覇を達成しました。

世界のスプリンターが集結する舞台でも圧倒的な1番人気でレースを迎えたロードカナロア号は、道中中団につけてレースを進めると、残り300mで一気にスパートをかけ、最後は後続を5馬身ちぎる圧倒的な強さで優勝。同レース連覇を達成するとともに、ラストランを有終の美で飾りました。ロードカナロア号は、通算成績は19戦13勝。重賞9勝。うちG1は2012年のスプリングステークス以来負けなしの6連勝と素晴らしい成績を残しました。マイル以下のG1・6勝の勝利数は国内歴代トップとなります。今回のレースで、ロードカナロア号は現役生活最後となります。優勝おめでとうございます。現役生活、お疲れ様でした。