Topicsニュース&トピックス

地域貢献事業助成金交付施設より感謝状

  • 2012/03/28

当協会の平成23年度地域貢献事業として助成金を交付いたしました「社会福祉法人パーソナル・アシスタンスとも」理事長西田良枝様より感謝状をいただきました。
「社会福祉法人パーソナル・アシスタンスとも」は、浦安市を拠点とする24時間365日高齢者や障害をもつ利用者の方を支援している社会福祉法人ですが、このたびの東日本大震災により法人本部の建物が全壊しましたが、仮設事務所を設けて一日も休むことなく利用者の支援を続けてきました。

当協会より事務所改修のため300万円の助成金を交付させていただき、震災から1年経過した本年3月11日に再興された拠点へ戻ることができました。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

桐谷 茂様所有馬 ネコパンチ号が日経賞優勝

  • 2012/03/24

3月24日(土)中山競馬場で施行されました第60回日経賞(GII・芝2500m)において、当協会会員桐谷 茂様所有馬 ネコパンチ号が、見事優勝いたしました。単勝167.1倍の12番人気となったネコパンチ号は、スタート直後からグイグイと先頭に立ち後続を10馬身以上離して大逃げ。直線に入っても、追い上げる後続馬を尻目に押し切り、大番狂わせを演じました。

「ネコパンチの生まれた牧場は、初代の頃からのお付き合いですね。今は2代目が引き継いでますが、ネコパンチとは偶然の出会いでした。体は小ぶりだけど、ツメは良かったし目もキレイ。ダンシングブレーヴが好きで、その血脈を組む牝系とニューイングランドの子はとても魅力的に見えました。日経賞では江田騎手が馬の特性を十分に引き出してくれました。
調教師や厩舎関係者の皆さんとの協力があったからこそ、勝てたと感じています。どんなに小さな牧場でも信念をもって真摯に取組めば、必ず愛馬は応えてくれることを証明したレースだったのではないでしょうか。この馬はファンからの人気が高く、日頃から多大な声援をいただきネコパンチ共々、感謝の気持ちで一杯です。この場を借りてお礼申し上げます」
と桐谷様はコメントをされました。
ネコパンチ号は通算47戦目での重賞初制覇となります。優勝おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

中山競馬場第10レース施行韓国馬事会杯の交歓会開催

  • 2012/03/17

3月17日(土)中山競馬場第10レースに施行の韓国馬事会杯の交歓会が行なわれました。
韓国馬事会はチャン・テピョン会長、アン・ジュンホ非常任理事が来場され、当協会及び東京馬主協会役員との交歓を行ない、西川会長は、「4年前に自己所有馬のウエスタンビーナスが優勝した所縁のあるこの韓国馬事会杯競走の成功と両国の友好・親善及び競馬の発展を祈念いたします」と乾杯の挨拶を述べました。

なお、西川会長よりチャン・テピョン会長、アン・ジュンホ非常任理事に記念品を授与いたしました。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

中山競馬場にて第9レース終了後、1分間の黙祷を実施

  • 2012/03/11

東日本大震災の発生からちょうど1年にあたるこの日、中山競馬場では第9レース終了後、震災発生時刻の14時46分に1分間の黙祷が行われました。馬主、調教師、騎手、競馬関係者など競馬場内にいる全員が黙祷を行い、犠牲者へ哀悼の意を捧げました。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

『ハッツオフプロジェクト』中山競馬場で開催

  • 2012/03/11

3月10日(土)、11日(日)の2日間にわたり、復興支援イベントの『ハッツオフプロジェクト』が中山競馬場のナッキーモールで開催されました。

レキシントンでウインチェスターファームを経営する吉田直哉さんが企画で、目黒貴子さんはじめ、小島友実さん、竹山まゆみさん、岡村麻純さん、原山実子さん、梅田陽子さん、青山絵美さん、立花優美さん、石山愛子さん、小川真由美さんなど女性競馬キャスターの皆さまもお手伝いとして駆けつけました。世界中のホースマン達に所縁のあるたくさんのキャップが並び、競馬場に来場された多くのお客様に足を止め、手に取り見ていただいき、複数個、購入してくださった方もいらっしゃいました。

土日両日で317個売上げることができました。ありがとうございました。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

ユアストーリー様所有馬 アイムユアーズ号がフィリーズレビュー優勝

  • 2012/03/11

3月11日(日)阪神競馬場で施行されました第46回 報知杯フィリーズレビュー(GII・芝1400m)において、当協会会員ユアストーリー様所有馬 アイムユアーズ号が、1番人気に応え見事優勝いたしました。

スタート後、先行好位につけたアイムユアーズ号は、直線に入ると勢い良く抜け出し後続に1馬身1/4差をつけて優勝。桜花賞への優先出走権を手にしました。アイムユアーズ号は、昨年京都で行われたKBSファンタジーS以来の重賞2勝目となりました。

ユアストーリー様はレース後「たいへん幸運でした。自分でも正直、驚いています。ここまでくれば、次走も期待しています」とコメントされました。桜花賞での活躍に期待が高まります。優勝おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(株)ロードホースクラブ様所有馬 レディアルバローザ号が中山牝馬ステークス優勝

  • 2012/03/11

3月11日(日)中山競馬場で施行されました第30回 ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII・芝1800m)において、当協会会員(株)ロードホースクラブ様所有馬 レディアルバローザ号が、昨年に続き見事優勝いたしました。

8番人気でレースに挑んだレディアルバローザ号は、スタート直後で先頭へ立つとそのまま重馬場を逃げ切り連覇を達成。昨年、阪神競馬場で開催されたレースに続き重賞2勝目となりました。

レース後、ロードホースクラブ様は「重い馬場コンディションを踏まえて思い切って先手を奪おうと考えた福永祐一騎手、その作戦にゴーサインを出した笹田和秀調教師の判断が同レース連覇に繋がりました。とは言え、昨年は阪神での開催。中山競馬場で重賞を勝てたのが中山馬主協会員として非常に嬉しかったです」と喜ばれました。優勝おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

祝! 通算550勝 大城 敬三様

  • 2012/03/03

3月3日(土)中山競馬場で施行されました第5レース(3歳未勝利・芝1800m)において、当協会会員大城 敬三様所有馬 ダイワズーム号が優勝し、大城 敬三様は通算550勝を達成いたしました。

記念の勝利に大城様は、「競走馬を所有してかれこれ約50年がたちました。550勝と聞かされて夢のようです。実感はありませんが、ここまでこれたのは牧場、厩舎関係者、競馬会そして中山馬主協会の皆さまのおかげと感謝いたします」と喜びの様子でした。

通算550勝、おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

青山 洋一様所有馬 ワンカラット号がオーシャンステークス優勝

  • 2012/03/03

3月3日(土)中山競馬場で施行されました第7回オーシャンステークス(GIII・芝1200m)において、当協会会員青山 洋一様所有馬 ワンカラット号が、見事優勝いたしました。

高松宮記念の前哨戦として注目されたこのレース。人気の面では9番人気の評価となっていたワンカラット号でしたが、直線内から鋭く抜けだすと後続馬に3/4馬身差をつけて優勝。2010年のサマースプリントシリーズ覇者が復活Vを成し遂げました。

愛馬の勝利に「このメンバーで、久々の復活ができて大変嬉しいです。本番の高松宮記念がラストランになるので、当日も今日のような走りをしてくれると期待しています」と青山様。ワンカラット号は今回の勝利で4度目の重賞制覇となりました。次走ラストランとなる高松宮記念ではどんなレースを見せてくれるのか期待が高まります。優勝おめでとうございます。


中山競馬場で『ハッツオフ(Hats Off)プロジェクト』開催

  • 2012/03/02

3月10日(土)、11日(日)に中山競馬場ナッキーモールにおいて、『ハッツオフ(Hats Off)プロジェクト』が行われます。このプロジェクトは、世界の競馬関係者から寄せられた帽子を販売するチャリティーイベントです。
収益金は、馬事文化保存、被災馬救済、震災遺児支援等のために寄付されます。
中山競馬場ご来場の際は、是非お立ち寄り下さい。

ハッツオフイベント
http://jra.jp/news/201202/021903.html#2_12

ハッツオフプロジェクト詳細
http://www.winchesterfarm.com/jp/news/