Topicsニュース&トピックス

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(有)サンデーレーシング 様所有馬 ベルラップ号がラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス優勝

  • 2014/11/29

11月29日(土)京都競馬場で施行されました第1回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(G3・芝2000m)において、当協会会員(有)サンデーレーシング 様所有馬 ベルラップ号が優勝しました。
6番人気でレースを迎えたベルラップ号は、道中3番手でレースを進め直線に入り追い出されると、直線半ばで先頭に立ち力強い伸び脚でそのまま押し切って優勝。黄菊賞につづき2連勝で重賞初タイトルを手のしました。
優勝おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

馬事叢論 第6回「凱旋門賞ウィークエンドとロンシャン競馬場」を更新しました

  • 2014/11/28

馬事叢論 第6回「凱旋門賞ウィークエンドとロンシャン競馬場」を更新しました。

世界の最高峰レースの一つとして名高い凱旋門賞は、毎年10月第1週の日曜日に開催されており、前日の土曜日と合せて行われる重賞集中開催は、凱旋門賞ウィークエンドと呼ばれています。
メインレースの凱旋門賞に向けてボルテージが高まっていく会場の様子など、現地の雰囲気を中心にお届けします。

第6回「凱旋門賞ウィークエンドとロンシャン競馬場」はこちら


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

里見 治 様所有馬 サトノクラウン号が東京スポーツ杯2歳ステークス優勝

  • 2014/11/24

11月24日(月・祝)東京競馬場で施行されました第19回東京スポーツ杯2歳ステークス(G3・芝1800m)において、当協会会員里見 治 様所有馬 サトノクラウン号が優勝しました。
4番人気でレースを迎えたサトノクラウン号は、中団後方の馬場内側でレースを進めると、直線で馬場真ん中に進路を変えて馬群を割って末脚を伸ばし、ゴール直前で先行馬をクビ差交わして優勝。新馬戦につづいて連勝で重賞初制覇いたしました。優勝おめでとうございます。

里見 様のコメント
「直線で前がふさがるレース展開の中、位置的に難しいかなと思っていましたところ、馬群の間を割って勝ってくれましたので、大変うれしく思っています。これで来年のクラシックが楽しみになってきました」

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(株)ダノックス 様所有馬 ダノンシャーク号がマイルチャンピオンシップ優勝

  • 2014/11/23

11月23日(日)京都競馬場で施行されました第31回マイルチャンピオンシップ(G1・芝1600m)において、当協会会員(株)ダノックス 様所有馬 ダノンシャーク号が優勝しました。
8番人気でレースを迎えたダノンシャーク号は、道中は中団後方でレースを進めると、直線に入り馬場最内から馬群をさばいて末脚を伸ばし、叩き合いの末、ハナ差制して見事優勝しました。昨年は1番人気に支持されながらも3着に終わった雪辱を晴らしての悲願のG1初制覇となりました。
重賞タイトルは、京都金杯、富士ステークスにつづいて3つ目となります。優勝おめでとうございます。

(株)ダノックス 様のコメント
「当日は8番人気でしたが、岩田騎手の好騎乗で本来の力を発揮し、最後はハナ差の差し切り勝ちで優勝することができました。
夢のような結果に驚いています。今年は夫婦でG1を勝つことができ、大変幸運に感じております」

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

吉田 勝己 様所有馬 ミトラ号が福島記念優勝

  • 2014/11/16

11月16日(日)福島競馬場で施行されました第50回福島記念(G3・芝2000m)において、当協会会員吉田 勝己 様所有馬 ミトラ号が優勝しました。
6番人気でレースを迎えたミトラ号は、スタート後に馬場内側3番手でレースを進めると、4コーナーカーブで徐々に仕掛けられ直線早め先頭に抜け出しそのまま押し切って優勝。2着に1馬身差をつけ重賞初タイトルを手にしました。
優勝おめでとうございます

吉田様のコメント
「ソエを発症し、ノドの手術を行うなど体質の弱さに悩まされ、ようやく初勝利を挙げたのは3歳6月時でした。
そんな本馬が着実な成長を遂げて、重賞制覇を飾り、感無量です。調教師をはじめとする厩舎スタッフ、牧場の育成スタッフの方には厚く御礼を申しあげます」

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(有)サンデーレーシング 様所有馬 フェイムゲーム号がアルゼンチン共和国杯優勝

  • 2014/11/09

11月9日(日)東京競馬場で施行されました第52回アルゼンチン共和国杯(G2・芝2500m)において、当協会会員(有)サンデーレーシング 様所有馬 フェイムゲーム号が優勝しました。
2番人気でレースを迎えたフェイムゲーム号は、道中は中団やや後ろ目につけてレースを進めると、直線で馬場中へ進路を切り替えグイグイ伸びて先に抜けだした馬を差し切り2着に2馬身半差をつけ見事優勝。京成杯、ダイヤモンドステークスについで3つ目の重賞タイトルを手にしました。優勝おめでとうございます。

(有)サンデーレーシング様のコメント
「今年は人気に応える走りができており、非常に充実してきた印象を受けます。調教師をはじめとする厩舎スタッフ、育成スタッフの方にはこの場を借りまして御礼申し上げます。年末、年始はリニューアルした中山競馬場で頑張りたいと思いますので、引き続きご声援のほどよろしくお願いいたします」

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

祝! JRA通算600勝達成! 吉田 勝己 様

  • 2014/11/02

11月2日(日)京都競馬場で施行されました第5レース(2歳新馬・芝1800m)において、当協会会員吉田 勝己 様所有馬 ロカ号が優勝し、吉田 勝己 様はJRA通算600勝達成しました。
通算600勝、おめでとうございます。

吉田様のコメント
「600勝という節目の勝利を強い内容のレースで飾れてよかったです」

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

山本 英俊 様所有馬 スピルバーグ号が天皇賞(秋)優勝

  • 2014/11/02

11月2日(日)東京競馬場で施行されました第150回天皇賞(秋)(G1・芝2000m)において、当協会会員山本 英俊 様所有馬 スピルバーグ号が優勝しました。
5番人気でレースを迎えたスピルバーグ号は、道中は後方からレースを進めると、最後の直線半ばから一気の末脚を炸裂。外から先行馬をゴール前で抜き去り2着に3/4馬身差をつけ優勝。初の重賞制覇を天皇賞制覇で飾りました。3歳時にはクラシック馬としのぎをけずっていた馬が、才能を開花させ大きな仕事を成し遂げました。優勝おめでとうございます。

山本様のコメント
「数々の歴史と伝統に彩られた栄光ある天皇賞競走の第150回と記念すべき節目のレースに愛馬スピルバーグ号が勝利を得させていただきました。これも藤沢和雄先生をはじめ厩舎スタッフの方々、牧場の方々、また皆様のご声援の賜物と心に沁みる思いです。顧みますに馬主生活十年余、長かったようにも早過ぎるようにも思われるG1初勝利ですが、これに奢ることなく会員の皆さま、競馬サークルの皆さま、競馬ファンの皆さまのお役に立てるよう精進してまいる所存でございます」

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

野田 みづき 様所有馬 ミッキーアイル号がスワンステークス優勝

  • 2014/11/01

11月1日(土)京都競馬場で施行されました第57回毎日放送賞スワンステークス(G2・芝1400m)において、当協会会員野田 みづき 様所有馬 ミッキーアイル号が優勝しました。
1番人気でレースを迎えたミッキーアイル号は、スタート直後は3番手でレースを進めると道中半ばで先頭に立ち、そのまま逃げて直線でも先頭を譲らずゴール。57キロの斤量を背に2着に1/2馬身差をつけ優勝しました。
3歳マイル王が見事な勝利で古馬マイル戦線へ向けて秋好スタートを切りました。優勝おめでとうございます。

野田様のコメント
「久しぶりの競馬で古馬が相手ということもあり、苦戦するだろうと思っておりましたが、浜中騎手がうまく乗ってくれ、優勝することができました。大変嬉しく思います」