Topicsニュース&トピックス

(株)栄進堂 様所有馬 エーシンホワイティ号が新潟ジャンプS優勝

  • 2014/08/30

8月30日(土)新潟競馬場で施行されました第16回新潟ジャンプ(J・GIII・芝3250m)において、当協会会員(株)栄進堂様所有馬 エーシンホワイティ号が人気に応えて優勝しました。

1番人気でレースを迎えたエーシンホワイティ号は、2番手で道中レースを進めると、3コーナーで後続を大きく離し、最後の直線ではさらにもうひと加速して独走。2着に10馬身差をつけ3連勝で障害重賞初制覇を成し遂げました。エーシンホワイティ号は平地でも中京競馬場1200mのファルコンステークスを勝っており、今回2つ目の重賞タイトルとなりました。
優勝おめでとうございます。


(株)栄進堂 様所有馬 エーシンビートロン号がサマーチャンピオン優勝

  • 2014/08/19

8月19日(火)佐賀競馬場で施行されました交流重賞の第14回サマーチャンピオン(JpnIII・ダート1400m)において、当協会会員(株)栄進堂様所有馬 エーシンビートロン号が優勝しました。

2番人気でレースを迎えたエーシンビートロン号は、スタートから先手を奪い主導権を握ると、そのまま直線に入っても後続を大きく突き放すレースで完勝。2着に5馬身差をつけ、重賞初挑戦で重賞初制覇を飾りました。エーシンビートロン号は今年8歳ですが、32戦中27戦は掲示板確保と堅実な走りみせている馬でした。今回の勝利はエーシンビートロン号にとり価値ある1勝となりました。
優勝おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

里見 治 様所有馬 サトノノブレス号が小倉記念優勝

  • 2014/08/10

8月10日(日)小倉競馬場で施行されました第50回農林水産省賞典 小倉記念(GIII・芝2000m)において、当協会会員里見 治様所有馬 サトノノブレス号が優勝しました。

3番人気でレースを迎えたサトノノブレス号は、道中は中団でレースを進めると、直線に入り雨が降る小倉の馬場の大外からグイグイと伸びて2着に1馬身3/4差をつけて完勝。日経新春杯についで2つ目の重賞タイトルを手にしました。
レース後、愛馬の勝利に里見様は「秋には大きいレースが予定されていますので、なんとか今回勝って次につなげたいと思っていました。おかげ様で優勝することができましたので、秋のビッグレースに向けて活躍を期待しています」と愛馬のさらなる活躍に期待を寄せました。

やや重の馬場をパワーで駆け抜け、昨年菊花賞2着の実力を魅せつけたサトノノブレス号。秋へ向けて活躍が楽しみになる勝利となりました。優勝おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

祝! JRA通算200勝達成! (株)ダノックス様

  • 2014/08/09

8月9日(土)新潟競馬場で施行されました第1レース(障害3歳上オープン・芝2850m)において、当協会会員(株)ダノックス様所有馬 ダノンゴールド号が優勝し、(株)ダノックス様はJRA通算200勝達成しました。

(株)ダノックス様のコメント
「会社設立以来、積み上げてきた勝星が200勝を達成したと聞き、大変嬉しい気持ちです。これをきっかけに更に良い結果が続くように努力していきたいと思います」

通算200勝、おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

祝! JRA通算100勝達成! 田中 成奉様

  • 2014/08/09

8月9日(土)新潟競馬場で施行されました第10レース(阿賀野川特別・芝2200m)において、当協会会員田中 成奉様所有馬 タイセイドリーム号が優勝し、田中 成奉様はJRA通算100勝達成しました。

田中様のコメント
「1勝することが難しい中で、100勝を達成できたことは大変嬉しく思います。これからも1勝1勝積み重ねていけるよう頑張りたいですね」

通算100勝、おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(株)ロードホースクラブ 様所有馬 キャトルフィーユ号がクイーンS優勝

  • 2014/08/03

8月3日(日)札幌競馬場で施行されました第62回北海道新聞杯クイーンステークス(GIII・芝1800m)において、当協会会員(株)ロードホースクラブ様所有馬 キャトルフィーユ号が優勝しました。

2番人気でレースを迎えたキャトルフィーユ号は、スタートから4、5番手でレースを進めると、直線手前で2番手に進出。直線で先に先頭へ抜け出すと、後続から押し寄せる馬をハナ、クビ差しのぎ粘りきって優勝しました。

レース後、愛馬の勝利に(株)ロードホースクラブ様は「昨秋から惜敗が続いていたものの、ようやく重賞タイトルを獲得できました。秋の更なる飛躍を期待しています」とコメントされました。愛知杯、中山牝馬ステークス、福島牝馬ステークスと3戦続けて2着で、ヴィクトリアマイルでも5着と好走していたキャトルフィーユ号にとり、嬉しい重賞初タイトルとなりました。優勝おめでとうございます。