Topicsニュース&トピックス

吉田 和美様所有馬 スーニ号が兵庫ゴールドトロフィー優勝

  • 2011/12/28

12月28日(水)園田競馬場で施行されました第11回兵庫ゴールドトロフィー(JpnIII・ダート1400m)において、当協会会員吉田 和美様所有馬 スーニ号が見事優勝いたしました。

スーニ号は、トップハンデ59.5キロを背負ってのレース出走で、吉田様が話すには「スタート前にイライラしてました」とのこと。そのためかスタートで少し出遅れ、道中は後方2番手からの追走となったスーニ号でしたが、向こう正面半ばから前へ進出すると、バツグンの手応えで外から先行馬を差し切り2着に2馬身抜け出しての完勝。これでスーニ号は交流重賞4連勝となりました。

レース後、吉田様は「道中、どうなるかと思っていましたが、騎手も上手く乗ってくれ、2着に2馬身差をつける強い勝ち方でした」と1年を勝利で締めくくった愛馬に喜びの様子でした。

優勝おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(有)サンデーレーシング様所有馬 オルフェーヴル号が有馬記念優勝

  • 2011/12/25

12月25日(日)中山競馬場で施行されました第56回有馬記念(GI・芝2500m)において、当協会会員(有)サンデーレーシング様所有馬 オルフェーヴル号が1番人気に応え、見事優勝いたしました。

三冠馬として古馬との初対戦に挑んだオルフェーヴル号は、スタート直後はやや出遅れ後方でレースを進める形に。道中は1000m通過が63秒8と超スローペースで流れる中、後方2番手に待機したオルフェーヴル号は、3コーナー手前で外を回って進出すると、4コーナーで大外から5、6番手まで押し上げそのまま力強く先頭へ立ち、ねじ伏せるような強い勝ち方で四冠目を達成しました。2着には、平井 豊光様所有馬エイシンフラッシュ号が入り、当協会会員馬のワンツーとなりました。2年前にはオルフェーヴル号の兄ドリームジャーニー号も有馬記念を制しており、初の有馬記念兄弟制覇となりました。レース後、(有)サンデーレーシング様は「初めて古馬との対決でどうなるかと思っていましたが、三冠馬として、その名に恥じない立派な結果を出してくれ、本当に嬉しい限りです。このまま無事にいって、来年もよりいっそう飛躍してくれることを願っています」と愛馬の来年のさらなる活躍に期待を寄せました。優勝おめでとうございます。
またこの日、全レース終了後、(有)サンデーレーシング様所有馬 ブエナビスタ号の引退式が行われました。最後のレースとなった有馬記念は7着に終わりましたが、ジャパンカップを制覇するなどG I 6勝。総獲得賞金は歴代3位の13億8643万6000円で牝馬最高額となりました。本当にお疲れさまでした。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

有馬記念プレミアムレセプションパーティー開催

  • 2011/12/19

「有馬記念プレミアムレセプションパーティー」多数のご来場ありがとうございました。
12月19日(月)に、「有馬記念プレミアムレセプションパーティー」を東京・ホテルニューオータニ鶴の間にて開催いたしました。出走予定馬の馬主、調教師、騎手など競馬関係者、250人の一般ファン、所管官庁の鹿野農林水産大臣、自由民主党 競馬推進連盟、JRA土川理事長などたくさんの方々にお集まりいただきました。また、当協会主催によるこの1年で世の中を最も楽しませ感動させた個人や団体を選ぶ「FUN OF THE YEAR 2011」の授賞式を行い、AKB48の皆さまに鹿野道彦農林水産大臣から記念の盾を贈呈。AKB48の皆さまからはスペシャルライブを壇上で披露いただきました。

東日本大震災被災地支援活動への義援金として開催したチャリティーオークションでは、合計670,000円の売上となりました。多くのマスコミ取材も駆けつけていただき、来るべき有馬記念を大いに盛り上げることができました。本当にありがとうございました。


当協会主催「FUN OF THE YEAR 2011」受賞者はAKB48に決定!

  • 2011/12/11

今年、もっとも日本を楽しませ、勇気づけた人に中山馬主協会が贈る『FUN OF THE YEAR 2011』の受賞者が決定いたしましたので、ファンの皆さまにお知らせいたします。

『FUN OF THE YEAR』はこの1年、世の中の人々をもっとも楽しませ・喜ばせ・感動させた個人・団体にお贈りさせていただくもので昨年の女優・藤原紀香さんに続いて第2回目となります。

本年は東日本大震災において、いち早く被災地支援に積極的に取り組み、復興支援ソング『風は吹いている』を通じて励ましと勇気づけのメッセージを送るなど積極的な取り組みを行い、また、メンバーの篠田麻里子さんには『うまプロ』などテレビ番組を通じて競馬ファン拡大に貢献し、グループを挙げてのご協力をいただいたAKB48の皆さんの本気で一生懸命な諸活動に対して本賞を贈呈させていただきます。

12月19日の有馬記念プレミアムレセプション会場におきまして、AKB48の皆さんが授賞式に出席、プレゼンターの鹿野道彦農林水産大臣(予定)より記念の盾を贈呈されることになりました。

また、当日は有馬記念競走出走予定馬関連グッズのチャリティーオークションを開催いたします。師走の一夜をお楽しみいただきますようお願い申し上げます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

祝! 通算100勝 里見 治様

  • 2011/12/11

12月11日(日)中山競馬場で施行されました第3レース(2歳未勝利・芝1800m)において、当協会会員里見 治様所有馬 サトノレオパード号が優勝し、里見 治様は通算100勝を達成しました。

節目の勝利を挙げた里見様は「100勝という特別な目標はありませんでしたが、改めて振り返るとこんなに勝星を積み重ねてきたんだなと思います。次の節目である200勝を迎えるときには、多くの重賞を勝星に数えられるよう頑張っていきます」と喜びのコメントをされました。

通算100勝、おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(有)サンデーレーシング様所有馬 ジョワドヴィーヴル号が阪神JF優勝

  • 2011/12/11

12月11日(日)阪神競馬場で施行されました第63回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI・芝1600m)において、当協会会員(有)サンデーレーシング様所有馬 ジョワドヴィーヴル号が史上初となるキャリア1戦でのG I 制覇いたしました。

ジョワドヴィーヴル号は、父ディープインパクト、母ビワハイジの超良血馬。3年前に半姉ブエナビスタ号が同レースを制した同じ馬番にゲートインし、1戦1勝のキャリアながらも4番人気に支持されレースに挑みました。道中は中団後方から馬群を追走し、最後の直線に入ると一気に加速。外から豪快に先行馬を差し切り、2着に2馬身半差をつけ圧勝いたしました。

(有)サンデーレーシング様もレース前は「いくら良血馬といいましても1戦1勝でしたので、期待と不安が入り混じっていました」とのこと。「勝ちっぷりも鮮やかでしたので、いまさらながら『凄い馬だな』と実感しています。これからはとにかく無事にいってくれることを願うばかりです」と、愛馬のこれからの活躍に期待を寄せました。潜在能力の高さを伺える勝ち方に、来年のクラシックが期待されます。なお、(有)サンデーレーシング様は、昨年のレーヴディソール号につづき同レースを連覇になります。優勝おめでとうございます。