Topicsニュース&トピックス

※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

祝! 通算100勝 飯田 正剛様

  • 2011/10/23

10月23日(日)東京競馬場で施行されました第4レース(3歳以上障害未勝利・芝・ダート3000m)において、当協会会員飯田 正剛様所有馬 フローライゼ号が優勝し、飯田 正剛様は通算100勝を達成いたしました。

節目の勝利に飯田様は
「千代田牧場として、活躍できる良い競走馬を提供する為、生産・育成に心血を注ぎつつ、個人でも競走馬を所有・出走させてきました。今回、個人馬主としてJRA通算100勝を達成したとのことですが、やはり自分の勝負服がゴールを駆け抜け、愛馬が勝利することには喜びを感じます。
これからも多くのオーナーにこのような喜びを感じていただき、愛馬の勝利に貢献できるよう、良い競走馬を提供していきたいと思います」
と馬主として、そして生産者として喜びの言葉を述べました。

通算100勝、おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

祝! 通算200勝 (株)栄進堂様

  • 2011/10/23

10月23日(日)京都競馬場で施行されました第9レース(三年坂特別・芝1600m)において、当協会会員(株)栄進堂様所有馬 エーシンハーバー号が優勝し、(株)栄進堂様は通算200勝を達成いたしました。

「200勝は次の1勝への通過点」と語る(株)栄進堂様。
「年間80勝を目標にクラシックへ出走できる競走馬を送り出せるよう、頑張っていきたいと思います」とコメントされました。

通算200勝、おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(有)サンデーレーシング様所有馬 オルフェーヴル号が史上7頭目の三冠制覇!

  • 2011/10/23

10月23日(日)京都競馬場で施行されました第72回菊花賞(GI・芝3000m)において、当協会会員(有)サンデーレーシング様所有馬 オルフェーヴル号が、1番人気に応え完勝し牡馬クラシック三冠の偉業を達成しました。

過去三冠制覇を果たしたのは41年セントライト、64年シンザン、83年ミスターシービー、84年シンボリルドルフ、94年ナリタブライアン、05年ディープインパクトで、オルフェーヴル号は6年ぶり史上7頭目の三冠馬となりました。

単勝1.4倍と圧倒的1番人気に支持されたオルフェーヴル号は、道中は中団馬群の中を追走。2周目の坂越えに差し掛かると、外めを徐々に前に進出。コーナーを曲がり直線に入ると早々と先頭に立ち、そのまま後続に差を広げ圧巻の内容で勝利を収めました。また2着には(株)ウイン様所有のウインバリアシオン号が入り、ダービーに続き当協会会員馬のワン・ツーとなりました。

レース後、(有)サンデーレーシング様は
「レース中はドキドキしていましたが、“三冠”が獲れてホッとしています。オルフェーヴルには頭の下がる想いで一杯です。これからも無事にいって、さらに飛躍してもらえればと願っています」と偉業を成し遂げた愛馬を讃えました。実力だけでなく精神面でも春先からたくましくなり、今後古馬とのレースにもさらに期待が高まります。

優勝そして三冠の偉業達成おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

平井 豊光様所有馬 エイシンアポロン号が富士ステークス優勝

  • 2011/10/22

10月22日(土)東京競馬場で施行されました第14回富士ステークス(GIII・芝1600m)において、当協会会員平井 豊光様所有馬 エイシンアポロン号が、見事優勝いたしました。

前走、約1年ぶりの復帰戦となった毎日王冠では4着と好走したエイシンアポロン号は、今回1番人気に支持されレースに挑みました。不良馬場となった道中を中団外め追走。淀みなくレースが流れる中、エイシンアポロン号は直線大外を力強く抜け出し、約1年11ヶ月ぶりの勝利を収めました。2009年の京王杯2歳S以来の勝利で、重賞は2勝目。

愛馬の勝利に平井様は
「中1週で厳しい出走でしたが、前走の毎日王冠の結果が良かったので、マイルチャンピオンシップの権利を取りに出走させました。おかげ様で勝つことができ、よかったです。マイルチャンピオンシップへいって、掲示板にのれればなと思っています」と喜びの様子でした。優勝おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

(有)サンデーレーシング様所有馬 ローズキングダム号が京都大賞典優勝

  • 2011/10/09

10月9日(日)京都競馬場で施行されました第46回京都大賞典(GII・芝2400m)において、当協会会員(有)サンデーレーシング様所有馬 ローズキングダム号が、1番人気に応え見事優勝いたしました。

レーススタート後、3番手につけたローズキングダム号は淀の坂を下ると徐々に前へ進出。最後の直線に入ると、堂々と先頭に立ち後続に1馬身1/4差をつけ完封し、斤量59キロも問題とせず秋初戦を勝利で飾りました。昨秋のジャパンC以来となる勝利となります。

レース後、(有)サンデーレーシング様は「勝ててホッとしております。是非、今後のGⅠレースになお一層頑張って欲しいと思います」と愛馬の次走に期待を寄せました。春は本来の力が出せず不本意な成績が続いたローズキングダム号でしたが、着差以上に強い内容の勝利で秋への期待が高まります。

優勝おめでとうございます。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

香港ジョッキークラブ理事来場

  • 2011/10/02

第45回スプリンターズステークス(グローバルスプリントチャレンジ競走)のプレゼンターとして、香港ジョッキークラブ財務担当理事アンガス・リー氏が来場、西川会長に表敬訪問され、日本及び香港それぞれの競馬情勢について懇談いたしました。


当協会サイトが開設から1周年

  • 2011/10/01

10月1日に、当協会サイトが開設から1周年を迎えました。
競馬をもっと面白いものにしたい、たくさんの人々に気軽に楽しんでもらいたい、そんな想いで当サイトを更新してまいりました。

オープン当初と比べると、サイトの内容もだいぶ充実してきた感があります。
いったん内容を整理する意味も含めまして、近々サイトのリニューアルを企画しております。
お披露目できるまで、もうしばらくお時間をご頂戴ください。

これからも、より多くの皆さまに競馬を楽しんでいただけるよう努めてまいりたいと思います。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


※クリックすると写真を拡大してご覧いただけます。

韓国馬事会杯交歓会

  • 2011/10/01

中山競馬場第10レースに施行の韓国馬事会杯の交歓会が行なわれました。
韓国馬事会は常任監事ロー・ジェドン氏が来場され、当協会役員との交歓を行ない、西川会長より記念品を授与いたしました。