きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2013.6.24

ようこそいらっしゃいませ。

4歳3強が揃った宝塚記念は、ゴールドシップがジェンティルドンナ、フェノーメノを力でねじ伏せ天皇賞(春)の雪辱を果たし上半期のG1を締めくくりました。

馬場状態は良の発表でしたが、雨で渋った馬場が3強のレースの明暗を分けたようです。敗れたジェンティルドンナにフェノーメノと、いずれも重い馬場によって切れ味が削がれてしまったようでした。

それにしても今回は、ゴールドシップの力が際立ったレースとなりました。ここ近走はスタートで後手をふみ後ろからのレースが続いていたゴールドシップでしたが、今回は積極的に4番手でのレースを魅せてくれました。3~4コーナーからのスパートも見事に決まり、ジェンティルドンナに3馬身半差をつけての完勝劇でした。

古馬の勢力闘いでのゴールドシップのポジションは天皇賞(春)での敗戦で一歩後退したかに見えたのですが、今回の勝ち方でその評価は払拭され、秋のG1戦線がさらに楽しみを増してきました。

4歳3強にオルフェーヴルが加わり、秋にはどんなレースを繰り広げてくれるのでしょうか。天皇賞(秋)、凱旋門賞、ジャパンカップ、有馬記念と人々の想像を超えるドラマをぜひ魅せてください。