きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2013.10.1

ようこそいらっしゃいませ。

競馬は今週から舞台を東京、京都、新潟に移します。東京では毎日王冠、京都では京都大賞典にデイリー杯2歳Sが行われます。いずれも秋の古馬G1戦線、2歳戦線を占う重要な一戦です。

毎日王冠には、3歳馬コディーノに、昨年天皇賞(秋)を制したエイシンフラッシュ、安田記念2着のショウナンマイティ、夏の上がり馬レッドスパーダ、ダークシャドウ、クラレントらが登録してきました。コディーノは、朝日杯フューチュリティS2着、皐月賞3着も2歳時に同じ東京1800mの東京スポーツ杯2歳ステークスを従来のタイムを0秒9更新してレコード勝ちを収めています。夏を越し、古馬に混じってどんな姿を魅せてくれるでしょうか。

京都大賞典にはゴールドシップが登録してきました。天皇賞(春)では5着に終わるも宝塚記念で雪辱を果たし、秋初戦をこの京都大賞典に選びました。ほかにも今年の天皇賞(春)2着馬のトーセンラーに、ヴィクトリアマイル優勝馬ヴィルシーナらがゴールドシップを前にどうレースを進めるか注目です。

また今週日曜日にはフランスで凱旋門賞が行われます。オルフェーヴル、キズナが出走します。フォア賞を圧勝したオルフェーヴルに、ニエル賞で英ダービー馬を破ったキズナとともに本番のレースに期待が高まる走りを披露しました。海外での両馬の評価も高まっているようです。

今週は、国内外の競馬に注目が集まる一週間になりそうです。