きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2012.6.14

ようこそいらっしゃいませ。

今週、阪神競馬場で行われるマーメイドSに注目です。なんといっても超良血馬グルヴェイグが出馬登録されています。先日の東京競馬場で行われたホンコンJCTでは、C.ウィリアムズ騎手を背に2着に3馬身差の圧勝、秘められた実力を見せてくれました。前走、前々走と1000万下を連勝し、いよいよ本格化の兆しが見え始めました。

グルヴェイグの父は7冠馬ディープインパクト、母は天皇賞(秋)を含むGI 2勝のエアグルーヴ。半兄には、海外で初のGI を制覇したルーラーシップが、半姉にはエリザベス女王杯連覇のアドマイヤグルーヴがいます。母 エアグルーヴ、半姉 アドマイヤグルーヴ共に1番人気でマーメイドSを勝っていますね。期待がかかるグルヴェイグですが、気をつけなくてはならないライバルがいます。メイSに出走したアカンサスは、牡馬相手に上がり最速の33.2秒。優勝はできませんでしたが、自慢の瞬発力は健在でしょう。昨年オークスを優勝したエリンコートや実績馬アニメイトバイオ、他の出走馬も虎視眈々と優勝を狙っていることでしょう。

マーメイドSは、2006年に負担重量がハンデキャップに変更となってから、軽ハンデを利用して追込み一線で高配当がついたり、波の激しいレース展開となっています。人気馬同士の決着が見られるか、それとも予想外の伏兵馬が好走を見せるのか。非常に楽しみですね。