きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2021.10.30

伝統の楯を巡る戦い

ようこそいらっしゃいませ。

春から続いたクラシック参戦も先週で終わり、今週は、秋のGIの舞台を東京競馬場に移して、伝統の天皇賞(秋)が行われます。
天皇賞の勝者のみが手にすることができる伝統の楯を巡る戦いの火蓋が切られようとしています。
一昨年、昨年とこの舞台で圧倒的な強さを見せたアーモンドアイは引退。楯は新たなるチャンピオンを求めるようにも感じられます。

楯を手にする馬に最も近いとされているのがグランアレグリア、エフフォーリア、コントレイルの3頭。
春の安田記念でダノンキングリーに敗れたものの短距離〜マイル戦で圧倒的な強さを証明したのはグランアレグリア。大阪杯で2000mに挑戦し4着に敗れたものの、鞍上のC.ルメール騎手は良馬場なら・・・とこの距離でも自信を覗かせています。オーナーの(有)サンデーレーシング様からも「前走の安田記念出走後、天皇賞(秋)を目標に調整してきました。良い状態に仕上がっており、GI競走6勝目を期待します」と、グランアレグリアの強さを信じ、楯制覇を期待しているコメントをいただきました。
今年の皐月賞馬に輝いたのはエフフォーリア。日本ダービーではほんの数センチの差で破れましたが、共同通信杯での東京コース実績、皐月賞での距離実績を加味すれば、古馬との初対戦でも、不安より楽しみの方が大きいのではないでしょうか。
昨年最も輝きを放った3歳馬がコントレイル。ディープインパクト以来となる無敗での三冠達成は多くのファンの脳裏に焼き付いていることでしょう。明けて4歳となった今年は、大阪杯で馬場に悩まされ、さらにその後はコンディションを整えることを最優先とし、春は1戦のみの出走となりました。状態が回復して迎える今回、三冠馬の意地が問われるレースとなりそうです。

この他、天皇賞の春秋制覇のかかるワールドプレミア、サマー2000シリーズの覇者トーセンスーリヤなど、楽しみで豪華な面々が集結した天皇賞(秋)。
伝統と格式高い楯を巡る戦い、しかとこの目で見届けましょう。