きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2021.8.28

週末は各競馬場で3重賞!

ようこそいらっしゃいませ。

夏競馬もいよいよ終盤戦に入りました。競馬番組上の夏競馬は来週までありますが、8月の競馬は今週が最後。コロナの影響で例年と変わった部分も多かったと思いますが、競走馬たちは熱い戦いを見せてくれました。この熱気は9月以降にも引き継がれていくことでしょう。
さて、今週は札幌、新潟、小倉の各競馬場で3つの重賞が組まれております。
札幌競馬場では、サマースプリントシリーズの5戦目、キーンランドカップ(GIII)が行われます。秋のGIシリーズ初戦のスプリンターズステークスに繋がる重要な一戦。北の地からGIへと歩みを進めるのはどの馬か注目が集まります。このレースには前走、函館スプリントステークス(GIII)で3着のミッキーブリランテが出走を予定。サマースプリントシリーズでは4ポイント9位タイと優勝は少し難しいポジション(1位のファストフォースが15ポイントのため、キーンランドカップで優勝しても暫定2位になるため)かもしれませんが、秋の大舞台に向けて飛躍したいところ。オーナーの野田みづき様からは「前走は強い相手に惜しい3着と善戦して、力のあるところを見せてくれました。今回も、休養十分、馬の調子も良く、かつ、GI馬ダノンザキッドの半兄でもあり期待しています。」とコメントをいただきました。

新潟競馬場では、2歳の若駒によるマイル重賞・新潟2歳ステークス(GIII)が行われます。過去の優勝馬にはハープスターなどGI馬も多く名を連ねるレース。才能を開花し、重賞のタイトルを手にするのはどの馬か、注目のレースです。前走、見事に新馬戦を快勝したセリフォス。オーナーの(株)G1レーシング様は「デビュー戦の後はじっくりとこのレースに向けて調整してきました。1週前の追いきりでも調子のいい様子を見せてくれていたので、勢いにのって好結果を残してくれるのではないかと期待しております」と愛馬への期待を語っていただきました。

小倉競馬場では、障害重賞の小倉サマージャンプ(J・GIII)が行われます。暮れの大一番・中山大障害(J・GI)まで日はあるものの、賞金加算や更なる能力開花を狙い〇〇頭が集まりました。

秋のGIシリーズに向けた各競馬場での重賞競走。週末は是非、馬券を購入し、思い思いの馬を応援しましょう!