きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2011.10.24

ようこそいらっしゃいませ。

オルフェーヴルが三冠を成し遂げました。当協会員のサンデーレーシングさんの所有馬です。クラブ法人としては初の快挙となります。会員のみなさん、関係者の皆さんおめでとうございます。

道中のラップは一度も13秒台に落ちることなく、緩みのない厳しいレースを見事に乗り切りました。13秒台を切るラップを刻み続けたのは多分、史上初です。人気勢が上位を独占し馬券的には淡白な内容でしたが、レースレベルは決して低いものではありませんでした。強いと言われる4歳勢との対決への楽しみが膨らみます。

次走は馬の状態を見ながらジャパンCか有馬記念だそうです。同馬主のルーラーシップが蹄不安で休養に入ったと思ったら、オルフェーヴルという強力な次の矢が早くもつがえられました。当協会としては有馬記念への出陣を願うばかりです。

ダービー、神戸新聞杯に続いて、ことごとく後塵を拝したウインバリアシオンはドリームパスポートにかぶります。皐月賞2着、ダービー3着、菊花賞2着の善戦マンでしたが、菊の次走ジャパンCでディープインパクトの2着に健闘して秘めるポテンシャルの高さをアピールしました。何がかぶるかと言えば他力本願なイメージということになりますが、バリアシオンも長くG1戦線で活躍してくれるでしょう。

3着のトーセンラーはどうにも、もどかしいレースが続きます。2200mのセントライト記念、3000mの菊花賞、どうも勝手が違うような印象がつきまといます。半姉ブルーミングアレーは2000m前後で活躍しましたが、シンボリクリスエスからディープインパクトに父が変わって、リファール4×4、その母グーフェド5×5×5の血が強化され、本質的には気性で走るマイラータイプなのかもしれません。早めに動いて5着に踏ん張ったサダムパテックは強い内容でした。適距離の2000m前後ならもっと持ち味が生きるはずです。サダムパテックに先着したハーバーコマンドも立派な戦いでした。自分から動ける器用な脚の持ち主で重賞クラスの馬でしょうね。史上7頭目の三冠馬オルフェーヴルの強さばかりが目立ちましたが、将来に向けての収穫の少なくない菊花賞だったと思います。